goralife > 上達のヒント > 石井忍の「練習場でうまくなる」第7回
上達のヒント

アイアン ドライバー スイング スライス 初心者 上達 中級者 練習 練習場 フック

石井忍の「練習場でうまくなる」第7回

石井忍の「練習場でうまくなる」第7回

ボールの行方よりもクラブの動きのほうが大事

練習場に行くと、ボールの行方がどうしても気になるという気持ちはよく分かります。ボールが真っすぐに飛べば気持ちがいいですし、狙った方向にボールが飛ばなければ原因を確かめずにはいられなくなります。

ただ、ボールを打つたびに方向がバラバラで、いくら練習してもナイスショットがたまにしか出ないのであれば、まずはインパクト付近のクラブの通り道を整える練習をしてみてはどうでしょうか。

スライスに悩んでいる人はインサイドアウトに振る練習

多くのアマチュアゴルファーは、アウトサイドインのクラブ軌道によるスライスに悩んでいます。右に曲がらないようにフェースを返すと、今度はボールが左に飛び出し、さらに左に曲がります。

このようなショットに心当たりがある人は、タオルを右斜め前方向に置いてショット練習を行うのが効果的です。アウトサイドインにクラブを振ろうとすると、クラブがタオルに当たりそうになるので、自然とクラブ軌道がインサイドアウトになります。

最初はものすごく違和感があると思いますが、この練習を続けていくとボールがつかまるようになります。まずはハーフスイングで構いませんので、クラブの通り道を意識しながらボールを打ってみてください。

フックに悩んでいる人はアウトサイドインに振る練習

一方、ドローボールが持ち球の上級者は、たまにフックの度合いが強過ぎるボールが出ることに悩んでいます。これはクラブ軌道がインサイドアウトになり過ぎていることが原因です。

その場合、タオルを左斜め前方向に置いてショット練習を行います。インサイドアウトにクラブを振ろうとすると、クラブがタオルに当たりそうになるので、自然とクラブ軌道がアウトサイドインになります。

こちらも最初のうちは違和感があると思いますが、続けていくとクラブ軌道が自然と修正されていきます。

自分自身では正しいインサイドイン軌道でスイングしているつもりでも、ほとんどのゴルファーはアウトサイドイン軌道かインサイドアウト軌道のどちらかになりやすい傾向があります。そのクセを把握し、クラブの通り道を意識しながらショット練習を行うことで、ボールの行方は自然と安定するようになります。

教えてくれた人 石井忍(いしい・しのぶ)プロ

1974年8月27日生まれ、千葉県出身。日本大学ゴルフ部を経て1998年にプロ入り。翌年からツアー参戦。2014年に千葉県千葉市にあるゴルフ練習場「ジャパンゴルフスクール」内に「エースゴルフクラブ千葉」を設立。2016年には「エースゴルフクラブ神保町」もオープンし、アマチュア向けのレッスン活動も展開している。


構成/保井友秀(ゴルフライター) 撮影/小板直樹 撮影協力/エースゴルフクラブ千葉

GORA LIFE