goralife > 上達のヒント > QP関雅史の「100をつかむアプローチテクニック」第14回
上達のヒント

100切り 初心者 アプローチ 上達

QP関雅史の「100をつかむアプローチテクニック」第14回

QP関雅史の「100をつかむアプローチテクニック」第14回

第14回 ハイバンスとローバンス、どちらがやさしい?

バンス角とはクラブを垂直にした時にソール面と地面で作られる角度のことで、地面を滑らせて抜けをよくするためにどんなウェッジにも多少のバンス角がつけられています。

アッパーに打つ人はローバンス、打ち込む人はハイバンス

一般的にはバンス角の大きなハイバンスウェッジの方がやさしいといわれていますが、それはあくまでも上から打ち込む人が多いからで、実際には向き不向きがあります。

ハイバンスの長所としてはダフリにくいことが挙げられます。ハイバンスのウェッジを逆さまにして見るとソールの頂点がリーディングエッジよりも出っ張っていることがわかります。ソールが先に地面に当たることで、リーディングエッジが刺さりにくくなっていて、ヘッドがボールの手前から入ってもソールが滑ってボールにコンタクトできるようになっています。

一方、ハイバンスウェッジの短所はソールが出ているために地面から弾かれやすいことです。したがって、ボールをすくって打つような人にはハイバンスウェッジはやさしいクラブではありません。

ソールが先に地面に当たるハイバンスはダフリにくい

ローバンスウェッジは、ソールの頂点とリーディングエッジの高さの差があまりありません。クラブをソールしたときにリーディングエッジが地面から浮かないので、歯の先がボールの下に入りやすく、クリーンに当てることができます。このため、出球の高さやスピン量などボールコントロールに優れていますが、上から打ち込んだときにリーディングエッジが刺さりやすくなります。

最近は同じロフトの中からハイバンスとローバンスを選べるウェッジが増えてきました。サンドウェッジでいえば8度以下がローバンス、10度から12度がスタンダード、14度以上がハイバンスといわれています。本来は、自分が実際打っているところをプロやクラブフィッターに見てもらって選んだ方が間違いがないのですが、自分で決める場合は、打ち込むタイプの人やダフリのミスが多い人は10度以上を選んだ方がいいでしょう。そうすればアプローチだけでなくバンカーショットもやさしくなります。

教えてくれた人:関 雅史(せき・まさし)プロ

関雅史プロ
1974年9月28日生まれ、PGA公認A級インストラクターとクラブフィッターの二足のわらじを履く異色プロ。これまで指導したゴルファーは延べ1万人以上、クラブフィッティングは3000人以上。東京都北区でゴルフスタジオ『ゴルフフィールズ』を主宰する傍ら、雑誌・テレビ等メディアでも活躍中。ニックネームはQP。

構成/吉田宏昭(ゴルフライター) 撮影/斉藤秀人 撮影協力/ゴルフフィールズ

GORA LIFE