goralife > 上達のヒント > QP関雅史の「100をつかむアプローチテクニック」第13回
上達のヒント

100切り 初心者 アプローチ 上達

QP関雅史の「100をつかむアプローチテクニック」第13回

QP関雅史の「100をつかむアプローチテクニック」第13回

第13回 アマチュアにはストレートよりもグースがやさしい

ホーゼルからリーディングエッジのラインがまっすぐに見えるものをストレートネック、リーディングエッジがホーゼルよりも右に引っ込んでいるものをグースネックといいます。

何となくかまえやすいとか、かまえにくいとか、ストレートネックとグースネックをフィーリングで選んでいる人が多いですけれど、そこはよく考えた方がいいところです。

ストレートネックはアッパー軌道になるのでボールを拾いやすい

ストレートネックとグースネックの機能上の大きな違いは入射角です。リーディングエッジが出ているストレートネックのウェッジは、アイアンの中で唯一ウッドに近いクラブともいえます。ウッドのようにアッパー軌道でボールをすくいやすいように作られているのです。ターフを取らないでボールだけを拾っていくアプローチ巧者にはすごく使いやすい形状といえます。

ところが、アマチュアに多いのは、ボールを右に置いて打ち込んでいくタイプです。こういう人が歯の出たストレートネックを使えばダフリやすくなります。その点、グースネックはヘッドを上から入れても歯が遅れてくるからダフらないようにできています。短いアプローチでもターフとるような人は絶対にグースネックが合います。

自分のかまえ方で選ぶ方法もありです。ボールを真ん中に置いて構える人は、ウェッジを振り子のように振って、最下点でボールを拾う打ち方になるのでストレートネックが合います。これに対して、ボールを右に置く人は上から打ち込むのでグースネックが合います。

グースネックはダウンブローに打ちやすく、フォローと出球が低い

このほか、ストレートネックとグースネックの違いとして挙げられるのは、出球の高さとつかまり具合です。

最下点でボールを打つストレートネックはロフトなりの打ち出し角が出ますが、それよりもボールを右に置いて打ち込むグースネックはインパクトロフトが立つので打ち出し角が低くなります。また、ストレートネックよりも重心角の大きいグースネックは、フェースが返リやすいので球をつかまえることができます。その点でも一般レベルのアマチュアには使いやすいのはグースネックといえます。

教えてくれた人:関 雅史(せき・まさし)プロ

関雅史プロ
1974年9月28日生まれ、PGA公認A級インストラクターとクラブフィッターの二足のわらじを履く異色プロ。これまで指導したゴルファーは延べ1万人以上、クラブフィッティングは3000人以上。東京都北区でゴルフスタジオ『ゴルフフィールズ』を主宰する傍ら、雑誌・テレビ等メディアでも活躍中。ニックネームはQP。

構成/吉田宏昭(ゴルフライター) 撮影/斉藤秀人 撮影協力/ゴルフフィールズ

GORA LIFE