これは、飛ぶよ。 INTERVIEW

ゴルフもいっぺん
やってみりゃいい。

ゴルフはたちの悪い猫を飼うみたいなもんだ、とこの巨匠は言う。
思いどおりにならないからこそ面白い。ゴルフ歴40年、今も練習場に
毎週通うこの人がたどりついたゴルフの面白さを神髄とは?

Text /石川拓治 Photograph/杉田裕一[POLYVALENT] 
Stylist/石黒亮一

このコマネチの紋所が、目に入らぬか! 今の若い人は諦めが早いよ、だからゴルフが楽しめないんだ。
profile 1947年東京都生まれ。愛用クラブはリョーマゴルフ。ベストスコア76。レギュラー番組『新・情報7DAYSニュースキャスター』(TBS系列)収録前のゴルフ練習がルーティーン。
  • 上手くなるほど、道具を変えないね。 道具
  • 道具

    「殿」の文字の入ったキャディバッグ。ハーフのベストスコア38が刻まれた特注品。「上手い人はあんまり道具を変えない。そこにたどりつくまでに、いろんな道具使ったんだろうけどさ」

手取り足取り教わるのは、あんまり好きじゃない

 ゴルフを始めたのは漫才で売れた頃だから、もう40 年近く。相変わらずやってるよ。土曜の『ニュースキャスター』の収録前は、毎週必ず練習場に行くことになってるし。明日は仕事入ったから、行けないんだけどさ。 一番よくやったのは、出版社に殴り込んで仕事休んでた時。半年間毎日コースに出てた。コーチをつけとけば絶対上手くなってたんだろうけど、レッスンプロをバカにしてたからなあ。

 彼らはああしろこうしろって言うけどさ、それならなんでお前は優勝できないんだというね。漫才だって、演芸評論家の言うことなんか聞いてもしょうがない。それと同じこと。上手い奴はみんな自己流で上達したんだって言い張ってたんだけど、どうも違うね。やっぱり最低限の基礎は、身につけないと駄目みたい(笑)。だからと言って今さら習う気はないんだけどね。手取り足取り習うみたいなの、嫌いだから。

 人間の身体って、人それぞれみんな違うじゃない。俺は、左腕が右腕よりかなり長いんだ。だから普通に打つと、あおっちゃうんだ。それでよくチーピンみたいな球が出る。それをどう直すかっていうのは、やっぱり自分でいろいろやってみるしかないんだよね。だから練習場で、ああでもないこうでもないと自分なりにいろいろ試行錯誤をしてる、そういうのが結局好きなんだろうね。

 それにしても、まあゴルフってのは言うこときかないね。練習場に行く前の晩は、酒を飲みながら延々考える。腰を入れて、手の返しをもう少し早くしてとか。いろいろやるんだけど、練習場で打ったら、ぜんぜん違うところに飛んでくの。前の晩のあの時間を返せと思うんだけど、また夜になると酒飲みながら考えてんだよね。

 たちの悪い猫を飼ってるみたいなもんだよ。言うこときかねえなと思ってると急に懐いてきて、なんか可愛いなと思った瞬間に、また裏切られるという。たまにはいいこともある。ホールインワンが出たり、70台で上がっちゃったり。たいてい駄目なんだけど。でも、そのいいことがあるからやってる。上手く行かないのが前提だから喜びも大きい。相手が自然だから、天気予報のコンピュータが確実じゃないのと同じように、ゴルフには常に不確定要素がある。失敗したら取り返しつかないし。だから面白いんだよね。いつもいいスコアだったら、こんなに長くは続けてないと思うよ。

 最近の若者があんまりゴルフをやらないってのは、たぶん諦めが早いんだと思うよ。楽しさを知る前に諦めちゃう。思いどおりにならないってのに耐えられないんだろうね。思いどおりにならないことの向こうに、大きな喜びがあるってのがわからない。それはゴルフに限らず、何でもそうなんだろうけどさ。

 いい時計を買おうとかいいクルマを買おうとか、そういう欲も今の若い人にはあんまりないって言うよね。それも諦めが先に来るから。自分はこの程度でいいやとかね。今はそういう人のために、時計から服から全部用意されてるから、その世界から抜け出すのが大変なんだよ。だけど若い時は物欲も大事だよ。金貯めていいクルマに乗って、もっといいクルマに乗りたくなって、また無理して貯金してというのもさ。

 だからゴルフもいっぺんやってみりゃいい。やれば絶対に面白いんだもん。テレビゲームじゃ絶対に味わえない、想定の範囲を超えた面白さを味わえるんだから。思いどおりにならないことの面白さってのがわかれば、人間としてもう一段階成長できると思うよ。

 ああ、そんなこと話してたらまたゴルフやりたくなってきた。明日、仕事入ってんだけどなあ。なんとかなんねえかな。

  • バカに調子いい時、あんだよね。
  • ゴルフは自然相手だから、絶対はないんだよ。
練習場に行く前の晩は、いろいろ考えちゃう。

思いどおりにならない、
それがゴルフの面白さだよ。

若い時は物欲も大事、だからゴルフをやろう。

最近の若者があんまりゴルフをやらないってのは、たぶん諦めが早いんだと思うよ。楽しさを知る前に諦めちゃう。思いどおりにならないってのに耐えられないんだろうね。思いどおりにならないことの向こうに、大きな喜びがあるってのがわからない。それはゴルフに限らず、何でもそうなんだろうけどさ。

 いい時計を買おうとかいいクルマを買おうとか、そういう欲も今の若い人にはあんまりないって言うよね。それも諦めが先に来るから。自分はこの程度でいいやとかね。今はそういう人のために、時計から服から全部用意されてるから、その世界から抜け出すのが大変なんだよ。だけど若い時は物欲も大事だよ。金貯めていいクルマに乗って、もっといいクルマに乗りたくなって、また無理して貯金してというのもさ。

 だからゴルフもいっぺんやってみりゃいい。やれば絶対に面白いんだもん。テレビゲームじゃ絶対に味わえない、想定の範囲を超えた面白さを味わえるんだから。思いどおりにならないことの面白さってのがわかれば、人間としてもう一段階成長できると思うよ。

 ああ、そんなこと話してたらまたゴルフやりたくなってきた。明日、仕事入ってんだけどなあ。なんとかなんねえかな。

「お先に」をしなくなったら100を切った。
明日仕事だけど、ゴルフ行きてえなぁ。
若者よ、ゴルフに励め。でも俺より上手くなるな(笑)

SHARE

  • tweetする
  • facebookでシェア

© Rakuten, Inc.