goralife > ルール > 【クイズ:何打罰打?】トラブルに次ぐトラブル編
ルール

100切り 初心者 中級者 入門

【クイズ:何打罰打?】トラブルに次ぐトラブル編

【クイズ:何打罰打?】トラブルに次ぐトラブル編

コースで一度クラブを手にしたら、トラブルに次ぐトラブルを巻き起こしてしまう"大叩きくん"。一緒に回っている仲間も、次々と罰打を重ねる彼にあきれていますが、見方を変えると、ゴルフルールを改めて見直すきっかけを作ってくれる、頼もしい存在でもあるのです。みなさんも、大叩きくんと一緒にラウンドしているつもりになって、彼の罰打を考えてみてください。罰打の合計は、一体何打になるでしょうか??

【ラウンド編】

白だと思い込んでいたら赤だった・・・。大叩きくんのラウンドは今日も怪しい雲行きです。
  • (1) レギュラーティーとなる白ティーから打ったつもりが、レディースティーの赤ティーでした。
  • 白ティーと近かったので、うっかり赤ティーから打ってしまいました。もー、誰か注意してよ。改めて白ティーから打ち直したボールはOB方向まっしぐら。動揺してしまい
  • (2)暫定球を打つことを宣言しないまま、暫定球を打ったら、
  • フェアウェイ手前のラフにチョロ・・・。

    慌てて、ゴルフバックの積んであったカートに戻り、アイアンで打ったらナイスショットでした!
  • (3) でも、「それって俺のクラブじゃないの」と指摘され、よく見ると人のクラブで打ってました(笑)。
  • でも、すごく良い感触のショットだったので、今の感じを忘れないように、
  • (4) フェアウェイに落ちていた松ぼっくりを打ってみました。
  • 松ぼっくりながらナイスショット!

    しかし次打は不運にも、
  • (5) 前方にあった共用カートに当たって、林の中へ入ってしまいました・・・。
  • なんとかフェアウェイに出そうとしましたが、
  • (6)ボールは木に当たって跳ね返り、自分の体に当たってしまいました。
  • しかも、落ちたところは泥だらけで、ボールにも泥がべったりついていたので、
  • (7) 拾い上げてボールを拭き、泥のない場所を選んでプレースしました。


  • 次打でやっとフェアウェイに出すことができましたが、
  • (8)そのボールをカラスが加えて、飛んでいってしまったので、ボールがあったと思われる周辺にプレースして打ちました。
  • ボールは再び木の中に入り、落ちてきた様子もありません。近くに行ってみると、
  • (9)木の枝に挟まって止まっていましたが、幸い木を揺すってボールを落とすことができたので、落ちた位置からあるがままに打ちました。


  • 次打は深いラフにハマっていました。とにかく脱出することだけを考えて思い切り振ったのですが、ボールはフワッと真上に上がっただけで、
  • (10)しかも、上がったボールがまたクラブヘッドに当たってしまいました。
  • 次打は、ラフに沈んでいなかったので、うまくフェアウェイに打つことができました。やっと、まともなライから打てると喜々として振ったらナイスショット!
  • (11) ところが、同伴競技者から「今打ったの、僕のボールだよ」と言われてしまいました。


  • 改めて、自分のボールを探しましたが見当たらず、探しまわっているうちに、何かが足に当たる感触・・・。足元を見ると自分のボールがありました。しかし、
  • (12) 自分で蹴って、少しボールが動いたので、正直に宣言して元の位置にリプレースして打ちました。


  • トラブルに次ぐトラブルから、見事なベタピン!ワンパットで、ようやくホールアウトできました。でも、今回どれだけの罰打を重ねたのだろう・・・。途方に暮れる大叩きくんであった。

    【解説編】

    (1)2打罰

    白ティーで回るべきところを赤ティーから打ってしまったら、ティーグラウンドの区域外から打ったことになるので2打罰。ティーグラウンドの区域とは、ティーマーカーの外周を結んだ線内にあり、前後の幅は2クラブレングス以内です。誤所から打った場合には、その打数を数えず、正しい場所から打ちなおして2打罰を加えます。ただし、ボールがティーグラウンドの区域内にあれば良いので、スタンスが区域外にあってもOKです。

    (2)1打罰

    暫定球であることを、同伴競技者に告げないまま打ってしまった場合には1打罰。そのプレーがインプレーのボールとなり、初球は自動的に、ロストボールの1打罰扱いとなるからです。

    POINT 暫定球の宣言しなければ次打がインプレーのボールです

    (3)2打罰

    プレーヤーが使えるのは、自分が選んだ14本のクラブのみです。間違って同伴競技者のクラブを使った場合には、違反したホールに対して2打罰になります。

    (4)無罰

    松ぼっくりなどを打っても、罰打にはなりません。ただし、実際にボールを打った場合には、ラウンド中の練習ストロークと見なされ、2打罰になります。

    (5)1打罰

    自分のクラブが積んである共用カートは、プレーヤーの携行品と見なされます。携行品によって、ボールの方向が変わった場合には1打罰になります。

    (6)1打罰

    打ったボールが自分自身に当たるのも、携行品にボールが当たるのと同様の扱いです。従って、共用カートに当たったのと同様、1打罰になります。

    POINT 自分自身や自分の携行品に当たったら1打罰

    (7)合計3打罰

    無断でボールを動かした場合、その時点で1打罰になります。さらに、元の場所にリプレースしなかったので、誤所からのプレーで2打罰となり、合計3打罰です。ただし、泥などの付いたボールが自分のボールかどうか調べる場合には、同伴球技者にそれを告げて、無罰で拾い上げることが可能です。

    POINT インプレーのボールを無断で動かすのはNG!

    (8)無罰

    カラスなどの局外者によってボールが動かされた場合は、ボールのあったと思われるところに、無罰でプレース可能です。ちなみに局外者とは、同伴競技者や観戦者、フォアキャディー、動物(ミミズや虫などを除く)などが、局外者に該当します。

    (9)合計3打罰

    インプレーのボールを動かしたことになるので、まず1打罰。動かしたボールは元の位置に戻さなければならないので、誤所からのプレーで2打罰となり、合計3打罰。この場合、アンプレイアブルにすることを宣言した上でボールを落とし、ルールに従ってドロップすれば、アンプレイアブルの1打罰のみで済みます。

    POINT 救済を受けられない状況では速やかにアンプレイヤブルを宣言しよう

    (10)1打罰

    1回のスイングで2回クラブヘッドに当たる、いわゆる2度打ちとなり、1打罰。2度打ちでは2回打ったということで、2ストロークと考えがちですが、厳密には最初に当たった1打に1打罰が加わる計算になります。

    (11)2打罰

    自分のものではないボールを打った場合、誤球を打ったことになり2打罰。ただし、誤球を打った1打はストロークに加えず、改めて自分のボールを打ちます。誤球をされた同伴競技者は、無罰で元の位置にボールをリプレース可能です。

    POINT 誤球の罰は2打罰と重いので良く確かめましょう

    (12)1打罰

    インプレーのボールを動かしたことになるので、当然1打罰。ただし、動かしたボールが同伴競技者のものであれば、無罰です。

    【答え】 罰打は合計17打でした!

    ※当クイズでは、1つのショットにおける重課の罰打を単純に合計していますが、基本的に、複数の関連しない行為が一つの規則に違反する場合や、複数の関連しない行為が複数の規則に違反する場合には、重課の罰打が適用されます。

    監修者: 岩垣貴栄(いわがき・たかまさ)プロ

    1979年生まれ。FOUR SEASON GOLF所属。明治大学理工学部を卒業し、理系ならではのロジカルなレッスンと、常にゴルフの基本に立ち返るレクチャーに定評がある。2013年のPGAティーチングプロアワード最優秀賞受賞以後、その人気が大ブレーク中。2016年7月には、FOUR SEASON GOLF indoor golf studio をオープン!

    文・CG/前田群緑

    おすすめの記事

    GORA LIFE