goralife> ギア&ファッション > 【こだわりの品質と性能】ヨネックスのシャフト人気おすすめ5選
ギア&ファッション

シャフト ギア ファッション

【こだわりの品質と性能】ヨネックスのシャフト人気おすすめ5選

【こだわりの品質と性能】ヨネックスのシャフト人気おすすめ5選

ポテンシャルをうまく発揮できないと感じている方はシャフト選びが間違っている場合があります。シャフト性能が違えばスコアだけでなく弾道や扱いやすさも異なります。そこで今回は優れたカーボン技術をもつヨネックスのシャフトの中でもおすすめ商品を紹介していきます。

独自のカーボン技術を活かしたヨネックスのシャフト

テニスやバトミントンなどのラケットを中心としたスポーツ用品を扱うヨネックスは、そのラケット製造から築いた技術をいかしたゴルフ用品を製造開発しています。独自のカーボンテクノロジーをとりいれたクラブやシャフトは、プロにも人気があります。

ゴルフ用品を専門的に扱っているメーカーと比べると種類はそこまで多くないものの、ヨネックス独自のカーボン技術を活かしたゴルフ用品は優れた性能を発揮してくれます。中でもシャフトはこれまでのシャフト製法の常識を超えた発想で、よりプレイヤーの技術をサポートしてくれます。

そこで今回は、ヨネックスゴルフの中でもシャフトにスポットライトを当てておすすめアイテムを紹介していきます。自分にあうシャフトを選ぶポイントも解説しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

シャフトの選び方

自分に合うクラブはヘッドとシャフトの組み合わせが大切です。まずはシャフトの選び方のポイントについて項目別に解説していきます。

フレックス(硬さ)で選ぶ

シャフトにはフレックスと呼ばれるシャフトの硬さを表したものがあります。自身のプレースタイルに応じてぴったりのフレックスを選ぶようにしましょう。

自身のヘッドスピードに応じたフレックス選び

自身のヘッドスピードに応じたフレックス選び

シャフトにはモデルやメーカーによっていくつかの硬さバリエーションがあり、自身のパワーやヘッドスピードに合わせて選ぶようにしましょう。ただしこのフレックスには明確な基準がないので、同じフレックスであってもメーカによって硬さが異なる場合があります。

柔らかいシャフトは飛距離を出しやすい反面、ミスをした際に曲がりが大きくなりやすいです。反対に硬めのシャフトは珠をミートしやすいですが、パワー不足だと思うように飛距離をだすことができません。

フレックスを目安にして自分にあうシャフトを選ぶ際には、レビューを確認したり店頭などで試打してみるのも大切です。既存のフレックスに合わせるのではなく、自分にあうものを選ぶようにしましょう。

男性は「R」女性は「L」を目安に選択する

男性は「R」女性は「L」を目安に選択する

フレックスは柔らかいものからL・A・R・SR・S・Xが一般的に展開されています。固くなるほどパワーやヘッドスピードが必要となるので、女性の場合はLやAなどの柔らかめのシャフトがおすすめです。

多くの場合フレックスはRから展開されていることが多く、女性の方や高齢の方には振り抜きづらさを感じることがります。そのため柔らかめのフレックスが展開されているモデルや女性専用設計のシャフトを選ぶようにしましょう。

男性の場合、Rが一般的な男性向けとして推奨されています。スポーツの経験があるという方やパワーに応じてSRやSなどの硬めのシャフトを試してみるのもおすすめです。

キックポイント(調子)で選ぶ

シャフトにはしなるポイントにもいくつかの種類があり、ボールのつかまりやすさにも影響があります。自分の理想の弾道に応じて好みのキックポイントのシャフトを選びましょう。

高弾道の軌道を描きやすい先調子(ロー)

先調子はヘッド側の先端部分にキックポイントが配置されているシャフトです。ヘッドに近い位置がしなるためヘッドが走りやすく、飛距離性能を高めボールのつかまりも高い特徴があります。

しなりによって戻る際にフェースが上を向きやすいため、打ち出し角が高い弾道を描きやすいのも先調子のシャフトの特徴です。飛距離性能を高めたい方や打ち出し角を高くしたいという方におすすめのキックポイントです。

ただしヘッドが走りやすいことでボールが左へいきやすい傾向にあるので、繊細なコントロールはしずらいです。力が強いプレイヤーほどコントロールが難しくなるので、操作性を重視したい方には向いていません。

タメを作りやすい元調子(ハイ)

キックポイントが手元のグリップに近い部分に配置されている元調子は、シャフト全体がムチのようにしなるのが特徴です。しなり量が多いのでタメをつくりやすく、ヘッド部分はしなりの影響を受けにくいためボールがつかまりすぎません。

しなりの戻りによってヘッドのフェースが上を向く前にインパクトしやすいため、打ち出し角が低くなり低弾道の軌道を描きやすいです。ボールを叩いて飛距離を出すようなスタイルのプレイヤーに向いています。

しなり量が多いことも影響してヘッドの軌道が不安定になりやすく、どちらかというといつも同じスイングを安定して出せる方やゴルフ上級者向けです

バランス感のある中調子(ミドル)

キックポイントがシャフトの中心付近に配置している中調子のシャフトは、先調子と元調子の中間的な特徴をもっています。シャフトのしなりは全体的にバランス良くしなってくれるため、ある程度走ってくれながらも程よいタメをつくることが可能です。

特徴的な癖がなく安定感があるため、万人に使いやすいシャフトといえます。シャフト自体の性能を感じにくいため、シャフトによってスイングに大きく影響するのを避けたいという方に向いています。

シャフトの重さで選ぶ

シャフトの重さで選ぶ

ゴルフクラブを選ぶ際には、自分の体力やパワーに適した重さのものを選ぶことが重要です。軽すぎるとスイングが不安定になりやすく、また重すぎるクラブは振り切ることができず実力を思うように発揮できません。

ドライバーであれば50g前後のシャフトが一般的に多く展開していますが、40g前後の軽量タイプや、60〜70gくらいの重量タイプのシャフトもあります。自分が振り切れる程度で重さのあるシャフトを目安に、自分にあうシャフトの重さを見極めましょう。

またドライバーからアイアンまでの重量がバランス良く重くなっていると、クラブを変えたときでも同じリズムで打つことができます。お気に入りのドライバーがある際は、そのシャフト重量を目安にアイアンのシャフトを選ぶことをおすすめします。

トルクで選ぶ

トルクで選ぶ

シャフトを選ぶ際には、シャフトのねじれ具合を数値化したトルクにも注目して選ぶことをそすすめします。数値が大きくなるほどトルクが大きい、ねじれの大きいシャフトを表しています。

ゴルファーのスタイルによってぴったりなトルク量は異なります。ドライバーのヘッドスピードが42m/sの方を例にあげると、ボールをつかまえて飛ばしたい方ならトルク3.5以上、ボールを曲げたくない方は3.5以下のシャフトがおすすめです。

またフッカーの方はトルクが多めのもの、スライサーの方の場合にはトルクが少なめのシャフトと相性がいいです。そのためヘッドスピードの他にも、自分自身のプレースタイルに応じて適正トルク量を見極めるようにしましょう。

ヨネックスのシャフトおすすめ5選

それではヨネックスのシャフトの中でも特におすすめのアイテムを紹介していきます。どれも万人に使いやすいものばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ドロー系志向タイプのシャフトで、極薄のカーボンシートをたくさん巻くことでシャープさを感じることのできる設計が特徴。先中調子で先端側が大きくしなってくれるので、ボールがつかまりやすくドローが打ちやすいです。

28.5gと非常に軽量なこちらのシャフトはパワーに自信のない男性や女性におすすめです。素材に名のナノメトリックを採用することによりカーボンの性能を引き出し、軽さと強さを兼ね備えており飛距離アップを目指せます。

ニュートラルなしなりの中調子シャフトで、飛距離性能に重きをおきながらも操作性にもこだわりたい方におすすめです。全体的に均一なしなりを感じることができるので、芯で珠を捉えやすくミート率アップに導きます。

ヨネックスのカーボン技術を生かして開発されたこちらの商品は、プレイヤーのパフォーマンスを引き出してくれます。ゆったりとして自然な初動からインパクトするので、強弾道を実現可能です。

極薄のカーボンシートを均一に巻くマルチレイヤードワインディング製法を採用しているので、均一にしなり芯でとらえやすいです。先調子と新素材を組み合わせることで、鋭いスピード感を生み出します。

まとめ

ここまでヨネックスシャフトのおすすめアイテムを紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。ヨネックスならではのカーボン技術をいかしたシャフトは、プロから初心者までおすすめです。ぜひシャフト選びに迷った際の参考にしてみてくださいね。

GORA LIFE