goralife>ギア&ファッション>【Vizardからアイアン用まで】本間ゴルフのシャフト人気おすすめ9選!
ギア&ファッション

シャフト スコア 入門 ギア

【Vizardからアイアン用まで】本間ゴルフのシャフト人気おすすめ9選!

【Vizardからアイアン用まで】本間ゴルフのシャフト人気おすすめ9選!

本間ゴルフのシャフトにはアイアン用やVizard(ヴィザード)シリーズなどが人気です。シャフトはカーボンやスチールの素材やシャフトの種類に合わせてアイアンを選べる本間ゴルフは純正カーボンシャフトを国内自社工場で製造しています。ここでは、本間ゴルフのシャフトの選び方やおすすめをご紹介します。

本間ゴルフのシャフトの魅力

本間ゴルフは、山形県酒田市に工場を持つドライバーやフェアウェイウッドなどの各種クラブをはじめ、ゴルフボールやキャディバッグといったアクセサリー系まで幅広いゴルフグッズを製造販売しています。そんな本間ゴルフのゴルフ関連商品には、カーボンやシンカグラファイトのシャフトがあります。

保間ゴルフのシャフトには、ヘッドスピードが40m/sに満たない力の弱いシニアやレディースにも最適な40g台の軽量で飛距離を出せるアイテムもあります。ほかにもVizardシリーズやアイアン用、Vizardの中でも737モデルが人気です。

しかし、人気モデルだけでなく、ほかにもさまざまな種類がある本場ゴルフのシャフトですが、どれが自分に合っているのか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、今回は本間ゴルフのシャフトの選び方やおすすめをご紹介します。

シャフトの選び方

シャフトを選ぶ際、カーボンかスチールの素材や硬さ、重さ、トルク、キックポイントから探すことができます。

素材で選ぶ

シャフトの素材は、カーボンとスチールに大きく分類できます。カーボンシャフトはより遠くへ飛ばすことが目的で、ドライバーのほとんどはカーボンシャフトです。また、遠くへ飛ばすより正確さを求める目的があるスチールは相対的に重いため、アイアンで使われるのに人気があります。

そして、ヘッドスピードが速くて力のある人は硬くて重く、トルクの低いものが適しています。それから、ヘッドスピードが速いけれどもフィンガータイプと言われるゴルファーは、あまり硬くないトルクの中程度のシャフトがおすすめです。

逆に、ヘッドスピードが遅いゴルファーは、柔らかくて軽めのシャフトを選ぶと良いでしょう。本間ゴルフのシャフトはカーボンやシンカグラファイトがメインで、どれも飛距離や安定性のあるものばかりです。

硬さ(フレックス)で選ぶ

シャフトの硬さ(フレックス)は、主にL(レディース)やA(アベレージ)、R(レギュラー)、SR(スティッフ)、X(エキストラ)があります。この表記はメーカーやモデルで統一した表記がないため、同じ「L」表記でもモデルによって硬さが違うのでレビューなどを参考にすると良いでしょう。

また、柔らかいシャフトは飛距離は出やすいのですが、ミスをすると曲がりが大きくなる恐れがあります。そして、硬いシャフトはボールの正確性は出ますが、パワーがないと飛距離が出にくくなります。そのため、シャフトの硬さを選ぶ際は表記に惑わされず、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

重さで選ぶ

重さで選ぶ

ゴルフクラブは軽過ぎるとスイングが不安定になりやすく、重過ぎると振り切ることができません。そのため、シャフトを選ぶ際は、自分のパワーや体力に合った重さを選ぶのがおすすめです。20~40代の若い年代で45.52インチのドライバーの場合、ヘッドスピードが42m/sくらいのゴルファーにはシャフトの重量が50g台、総重量が300gが目安です。

また、ヘッドスピードが45m/sくらいならば、シャフト重量は60g台で総重量は310gが最適。シャフトを選ぶ際にあまり重いものを選ぶと、ラウンド後半で体力がなくなりスイングが不安定になるので注意しましょう。

トルクで選ぶ

シャフトには重さやシフト以外に表記されているほかに、トルクがあります。トルクはシャフトのねじれ度合いを表すもので、数字が大きいほどよくねじれるシャフトという意味です。また、ゴルファーによって適正なトルクは違います。

しかし、ドライバーの平均的なヘッドスピードが42m/sでボールを曲げたくない方は、トルク3.5以下のシャフトを、ボールをつかまえて飛ばしたい方は3.5以上のトルクを選ぶと良いでしょう。また、アイアンの場合はスチールシャフトの場合、トルクは2.0以下になるため、重さを基準に選ぶのがおすすめです。

キックポイントで選ぶ

シャフトのキックポイントは、シャフトの一番しなるポイントのことを言います。このキックポイントは大きく4つに分類され、手元が硬く手先が柔らかい先調子、手元が柔らかく先端が硬い元調子、手元も先端も硬い中調子、逆に手元と先端が柔らかいダブルキックと呼ばれます。

また、先調子は初心者におすすめで、ボールが上がりやすくてヘッドが走ります。そして、ボールが上がりづらい元調子は上級者向けです。それから、中調子はオールマイティでタイミングが取りやすいのが特徴で、ダブルキックはタメを造りやすくてつかまりの良いシャフトです。

本間ゴルフのシャフトおすすめ9選

本間ゴルフのシャフト バシレウスYは、ゴルファーの理想のつかまりと飛距離を実現するために設計されたアイテムです。C-Typeの手元のしなりとA-Typeの先端の疾走感を融合させたC-Typeの進化系で、使用されている素材から低トルクとブレない走りを実現しています。手元と中、先の全体のしなりと先端の疾走感を強調した飛距離追求系のシャフトです。

本間ゴルフのシャフト バシレウス Zaffiro2は、ハイブリッドで超高弾性の素材を使って心地良い全体のしなりを重視したアイテムです。最小限の力で最大限のしなりを生むことが魅力のシャフトで、テークバックからフォロースローまでのプレーンコントロールに集中できておすすめ。先端から手元までのスムースなしなり感を重視した設計で、リズムとテンポ、プレーンを重視するテクニカルスインガーに最適です。

本間ゴルフのシャフト TourAD IZは、ヘッド性能を生かしたしなやかな動きとインパクトの強さを再現できるアイテムです。高初速化を実現するヘッド進化に合わせた先端部分には高強度の素材を使い、インパクト時のエネルギーロスを最小限に抑えて強く打ち出せておすすめ。中間部分はしなりを感じられ、タイミングを合わせやすい挙動ができるシャフトです。

本間ゴルフのシャフト Diamana ZFは、より幅広いゴルファーに向けた飛んで曲がらない第4世代のDiamanaの開発で得たノウハウを生かしたアイテムです。安定感とさらなる飛びがプラスされたシャフトは先端の強さによって弾道のばらつきを抑えて、振り返し以降で遅れないでしなり戻るレスポンスの良さを実現しています。

本間ゴルフのシャフト HZRDUS SMOKE GREENは、USPGAツアーで高い実績を誇るハザーダスシリーズの最高峰アイテムです。高ヘッドスピードと高テンポのゴルファーにおすすめで、航空機にも使われている高弾性ファイバーのヘクセル・ヘックス・トーHM63を初めて採用しています。低スピンと低弾道によって、より高い安定性を実現したシャフトです。

本間ゴルフのシャフト X-Line Concept75はトップアマや上級者ゴルファーをうならせた高弾性カーボンシャフトを受け継いだモデルです。Xラインコンセプトの扱いやすさとフィーリングはそのままで、重量級モデルが新しく追加されました。最高のパフォーマンスを発揮するシャフトは、Xラインコンセプトを愛用する方がフェアウェイウッド用としても使えます。

本間ゴルフのシャフト RD EVOは、クレイジーを代表する人気シリーズのひとつです。40g台のシャフトなのに手元側の剛性が高く、先端の動きを強調したアイテム。初代Royal Decorationから8年の月日をへて、進化した本間ゴルフのRD EVOです。

本間ゴルフのシャフト LOOP PROTOTYPE AIは、飛距離性能と正確性、抜群のスピード感のある50g台のシンカグラファイト製です。職人橋本による巻きとシンカグラファイト職人による精度の高い仕上がりによって、高いミート率のインパクトを再現できるシャフトは軽量でハイポテンシャルのアイテム。

本間ゴルフのがシャフトBubble Lightは飛距離に悩むゴルファーやヘッドスピードが40m/sに満たないシニア、レディースゴルファーに夢の飛距離をもたらしてくれます。軽量シャフトなのに当たり負けとトゥーダウンのない重厚なインパクトから、シンカグラファイト製のシャフトの動きで一気に最後まで振り抜けられるアイテムです。

まとめ

本間ゴルフのシャフトはカーボンがメインで、フレックスや重さ、トルクなどによってさまざまな種類がありました。また、力の弱いシニアやレディースでも夢の飛距離を出せる軽めの40g台のモデルも魅力でした。今回ご紹介した情報を参考に、ぜひ自分に合った本間ゴルフのシャフトを見つけてみてください。

GORA LIFE