goralife>ギア&ファッション>【心地よい打感とテンポ】ムジークのドライバーおすすめ4選
ギア&ファッション

ドライバー 飛距離 ギア ファッション

【心地よい打感とテンポ】ムジークのドライバーおすすめ4選

【心地よい打感とテンポ】ムジークのドライバーおすすめ4選

個性あふれるデザインが特徴のムジークは、音楽のように心地よい打感や店舗を楽しめる革新的なゴルフメーカーです。中でも飛距離性能に優れているドライバーは日本だけでなく世界でも支持を得ています。今回はそんなムジークのドライバーの人気なおすすめ商品を紹介していきます。

斬新なデザインと高性能で人気なムジークのドライバー

ムジークでは音楽と同じようにゴルフを楽しむということをコンセプトに、良いテンポやリズムを楽しめる独自の発想をもとにクラブやシャフト、ゴルフグリップなどを開発・デザインをしているブランドです。

中でもムジークのドライバーはその性能と斬新なデザインから日本だけでなく海外でも注目を集めています。いくつかのモデルを展開しているムジークのドライバーですが、それぞれ個性的なので自身のスタイルに応じて適したものを選ぶことが可能です。

そこで今回はムジークの中でも高い人気を集めているドライバーのおすすめ商品をいくつか紹介していきます。ドライバー選びのポイントについても解説しているので、ご自身にぴったりのクラブを厳選する際の参考にしてみてくださいね。

ドライバーの選び方

まずはご自身のプレースタイルにあうドライバーを選ぶ際のポイントについて、項目別に解説していきます。

自身に合う重量・長さから選ぶ

ドライバー選びの基本となるのは重量や長さが自身のパワーやヘッドスピードにあっているかどうかです。重量、サイズ選びのポイントについて解説していくので参考にしてみてください。

重量で振り心地に差が出る

重量で振り心地に差が出る

ドライバーを選ぶ際にまずはじめに確認しておきたい点が、ドライバーの総重量です。ドライバーに限らずゴルフクラブが重すぎると振り切ることができず、反対に軽すぎるとスイングが安定しない原因となってしまいます。

そのためドライバーを選ぶ際には自身のパワーや体力に見合う総重量のものを選ぶことで、振り心地が大きく変わります。パワーや体力には個人差によるものも多いですが、20~40代の若い方であれば45.25インチに対して総重量300gを目安にしましょう。

この300gを目安として女性や年配の方など体力やパワーに自信のない場合には、少し軽めの総重量のもの、反対に体力やパワーに自信があるという方は300gよりも重めのものというような選び方がベターです。

長さは操作性や飛距離に影響する

長さは操作性や飛距離に影響する

ドライバーの総重量とも密接な関係をもつ長さについても、しっかりと確認しておくことでより使い心地の良いドライバーを選ぶことができます。基本的にクラブが長くなるほど軽くなりますが、同じ重さで比較したときに長くなるほど振りにくくなるのが特徴です。

ドライバーが短いほど操作性がよく初心者でも扱いやすいですが、飛距離が出にくいです。反対に長いほど遠心力が多くなるため、ゆったりと大きくスイングしてボールを飛ばすことが可能です。

長さによって特徴が異なるため、ご自身がどのようなゴルフスタイルであるのかや好みに応じて長さを選ぶことが大切です。平均は45インチ程度ですが、最近では設計の向上によって46インチと長尺のクラブでも振りやすいモデルも増えてきています。

ロフト角で選ぶ

ドライバーのロフト角は弾道に大きく影響するため、選ぶ際にも事前に確認しておくようにしましょう。

ヘッドスピードや打ち方によってロフト角を選ぶ

ゴルフクラブのフェース面の角度であるロフト角は、その違いによって球の高さに大きく影響します。ドライバーはパター以外のクラブの中で最もロフト角が少ないのが特徴で、モデルによっていくつかのロフト角パターンを展開しているメーカーが多いです。

ロフト角はご自身のヘッドスピードや打ち方によって適する角度も異なりますが、ロフト角が立つほどボールが上がりにくくヘッドスピードも速くなるので上級者向けといえます。ヘッドスピードが42~47m/s程度の平均男性であれば、9.5~11度を目安に選びましょう。

またヘッドスピード33~37m/s程度年配の方や平均女性であれば、ロフト角は13~15度と大きめを選ぶと安心です。使い続けているうちに弾道が高すぎたり、振るスピードが上がってきたと感じる場合には、目安よりもロフト角が小さいものに変更していくことをお勧めします。

調整機能搭載でより細かくロフトを設定可能

日々進化を遂げているゴルフクラブにおいては最新技術やテクノロジーを採用されていることが多く、中でもドライバーはニューモデルが出るたびに進化を遂げています。最近ではヘッドとシャフトを脱着可能な調節機能搭載のドライバーが多く展開されています。

調整機能を搭載されたドライバーではゴルファー自身がロフト調整を行えます。またモデルによって、ヘッド部分に装着しているウエイトを動かしたり変更し弾道の曲がり具合を調整できるものもあります。

弾道の高さにこだわりたいという方や曲がり具合を自身で調整したいというこだわり派の方であれは、こうした調整機能搭載のモデルがおすすめです。他にもヘッドデザインに空力を取り入れ、ヘッドスピードを上げ飛ばせるように工夫したものもあります。

シャフトで選ぶ

ドライバーのヘッドが決まったら続いてはシャフトに注目して選びましょう。硬さやしなり具合によって振り心地にも違いがあるので重要なポイントの1つです。

ヘッドスピードに応じた硬さ選びがポイント

ドライバーのシャフト選びでまず注目したいポイントがシャフトの硬さです。ご自身のプレーにシャフトの硬さが合っていると、ヘッドスピードや方向性に良い影響が出るだけでなくタイミングがとりやすいです。

シャフトの硬さはXやS、Lなどのフレックスと呼ばれる数値で表記されますが、このフレックスには明確な基準がなく同じフレックスであってもメーカーやモデルによって違いがあります。

平均的な硬さであるRを基準として、ヘッドスピードが速い人はS、Xなどの硬めのシャフト、女性やシニア層などのヘッドスピードが遅い方はAやLなどの柔らかめのシャフトというように選びましょう。

しなり具合に関わるキックポイントにも注目

ゴルフ中級者から上級者の方やより安定したショットを打ちたいという方は、キックポイント(調子)にも注目して選びましょう。キックポイントによってしなり具合も異なるため、ご自身のスイングやクセなどに応じてピッタリのものを選ぶことが大切です。

しなるポイントがグリップに近いものから元調子、中調子、ヘッドに近い先調子と呼ばれています。グリップ側がしなる元調子ではフェードを打ちやすく弾道が低くなりますが、つかまりが悪いため上級者向けといえます。

先調子ではドローを打ちやすく弾道が高くなりつかまりもいいため、スライスが出やすい初心者におすすめです。また特にクセもなく安定的にショットを打ちたいという方であれば、中間位置にある中調子を選んでおくのがベターです。

ムジークのドライバー人気おすすめ4選

それでは早速ムジークのドライバー人気おすすめアイテムをいくつか厳選して紹介していきます。性能だけでなくデザイン性にも優れた商品ばかりなのでぜひ参考にしてみてくださいね。

初代オンザスクリューの系統を受け継ぎながらも飛距離、フェイス、打感・音の全てに満足感を得られるようにこだわりつくしたドライバーです。加えて適度な重厚感とねばりによって操作性を向上させたシャフトの組み合わせで、上級者からプロまで満足のいく1本です。

シャフトから開発したヘッド形状、重心設計によってヘッド挙動を安定させ、シャフト性能を最大限に発揮することができるドライバーです。2gごと・最大8gまで調整可能なウエイトシステム搭載で、自分好みに調節でき飛距離性能にも優れています。

強弾道モデルであるオンザスクリュー エクスパイヤー XRの中でも、スクエアからオープンフェイスのFA-0.5は左に行きたくないけどしっかりとボールを捕まえたい方におすすめのドライバーです。

他と差をつけるホワイトカラーのヘッドにカスタムシャフトを装着した、シャフトとヘッドの一体感で飛距離アップを目指せるドライバーです。さらにDAT51フェイスを採用しており、心地の良い弾きとさらなる飛距離を実現します。

最新のメンズドライバー人気ランキングはこちら

まとめ

ここまでムジークの中でも高い人気を誇るドライバーのおすすめアイテムを紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。心地よい打感と音ともにしっかりと飛ばせるドライバーなので、飛距離重視の方はもちろん初心者の方にもおすすめです。

GORA LIFE