goralife>ギア&ファッション>【ミスに強く優れた打感】イーブンロールのパター6選
ギア&ファッション

パター スコア パット ギア ファッション

【ミスに強く優れた打感】イーブンロールのパター6選

【ミスに強く優れた打感】イーブンロールのパター6選

イーブンロールパターの魅力は何といっても優れた打感とミスの強さです。日々進化を続けているゴルフクラブの中でもパターは、自身にあうものを見つけることでより使いやすさがアップします。そこで今回はイーブンロールの中でも人気の高いおすすめパターをご紹介していきます。

ミスの強さと打感が魅力のイーブンロールパター

イーブンロールはパターデザイナーであるゲイン・ライフ氏によってアメリカで2015年に設立したメーカーです。世界のプロツアーでも使用されるパターを手がけてきた確かな技術と、特許を取得した独自の溝を加えたパターフェースはミスに強くジワジワと注目を集めています。
性能だけでなく「質」に関しても力を入れているイーブンロールは、製造から修理までの全ての工程をアメリカで行っています。日本国外での製造・修理と聞くと日数がかかるイメージがありますが、製造、修理ともに1ヶ月以内に仕上げてくれるスピーディーさも金あわせています。
そんな性能、質すべてにおいてこだわってつくられているイーブンロールのパターの中でも特におすすめのアイテムを厳選してご紹介していきます。あわせてパター選びのポイントも解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

パターの選び方

まず始めにパターの選び方のポイントについて紹介していきます。項目別に詳しく解説していくので購入前に確認しておきましょう。

ヘッドの形から選ぶ

パターでは他のクラブのように飛距離やショットにポイントを置いておらず微妙な調整や力加減が大切なクラブです。そのためヘッドの形状にもいくつかの形があり、それぞれ特徴が異なります。

・バランスよく使いやすい「ピンタイプ」

パターの中でも1番オーソドックスなヘッド形状であるピンタイプの1番の魅力は、バランスが良いという点です。操作性に優れているためグリーン上でのスピードや打ち方のスタイルにも柔軟に対応してくれるため、プロはもちろん初心者にも打ちやすいヘッドです。
またフェースの裏面が薄くトゥーとヒールに重量を配置しているピンタイプでは、スイートスポットが広いのでミスにも強いという特徴があります。ボールに対して垂直に構えやすいためヘッドの開閉もしやすいです。
打ち方のクセやスタイルにも対応しやすくどのようなシーンでも活躍してくれるパターですが、特にロングパットではインtoインの軌道で振りやすいピンタイプが適しているとされています。

・ショットと同じような感覚で打てる「L字タイプ」

アイアンと同じようなネックがヒール側にあるL字タイプのパターは、操作性の高さが魅力です。アイアンと同様にフェースを開閉して打つL字タイプのパターでは、芯もアイアンと同じ位置に配置されているため、芯にも当てやすい点もメリットの1つといえます。
アプローチと同じ感覚で打てるL字タイプではアプローチと同感覚で打つことができるため、距離感があわせやすいです。操作性を重視する方はもちろん、ショットでドローボールを打つという方に向いているといわれています。
L字タイプのヘッド形状は、ピンタイプと同様に面長なフェース形状をしているため、ストロークの際にフェース面を感じやすいのも特徴です。

・ストロークが安定しやすい「マレットタイプ」

マレットタイプはかまぼこのように曲線を描いた形状をしているヘッドで、後方に重心位置があるためパターが左右にぶれにくくストロークが安定しやすいのが特徴です。両サイドを重くしているので、打つ際に打点がずれてしまっても狙い通りの距離や方向性を出しやすいです。
重心深度の深いマレットタイプのパターは直線的にストロークすることができるので、ヘッドを直線的に動かしたい方や肩でストロークするという方に向いているヘッド形状とされています。
ただし真っ直ぐに当てるマレットタイプは、操作性はピンタイプなどと比べると劣るため、繊細な微調整は難しいです。そのためフィーリング重視の方やフェースを開閉してストロークするという方は、マレットタイプよりもピンタイプやL字の方が適しています。

・ミスに強い「ネオマレットタイプ」

ヘッドが大型であるネオマレットタイプのパターは、ミスに強いという点が最大のメリットといえます。これはヘッドが他のヘッドタイプよりも大きくより重いことに、よりブレに強くストロークが安定することによるものです。
ネオマレットタイプのヘッドは大きく視覚的に狙いやすくするために、目標方向を定めやすいよう工夫が施されているのも特徴の1つです。また重心深度も深く設計されているため、力みすぎずに打て、距離感も出しやすくなっています。
しかしヘッドが大きく重くなったことにより操作がしにくいという欠点も持ち合わせています。直線的で機械的なストロークをする方にはおすすめですが、フィーリング重視の方や繊細なタッチを必要とするという方には向いていません。

ネックの形状から選ぶ

シャフトのネック部分である「ネック」にもいくつかの種類が存在します。同じヘッド形状であってもネックの形状が異なることで打感が大きく変化するため、ヘッドとあわせて確認しておきましょう。

・オールマイティな「クランクネック」

クランクネックはシャフトの軸線よりフェース面が後ろにあるオフセットの形状をしているネック形状で、ピンタイプのヘッドに用いられることの多いネックです。角のカーブという意味のあるクランクの言葉通りカギ型をしているのも特徴です。
オフセットがあることによってフェースを返していく際に時間ができるため、ボールをつかまえやすくプッシュのミスにも強いです。ただしボールの配置が左すぎると引っかけしやすいため、気をつける必要があります。
他のネック形状と比べても様々な面で均衡のとれているネック形状なので、あらゆるパッティングストロークにも対応しやすいです。そのため、ゴルフ初心者からネック選びに迷ったという方は、クランクネックから試してみることをおすすめします。

・直感的に打ちやすい「ベントネック」

ベントネックはクランクネックに次いで人気のあるネック形状で、シャフトが湾曲してヒール側に配置されています。シャフトとグリップの延長線上にフェースの芯が配置されるように設計したものが多く、直感的にパットを打つことができます。
クランクネックと同じようにオフセットがあるモデルが多いベントネックなので、ボールのつかまりもよく右への押し出しのミスにも強いです。そのためショートパットが苦手な方におすすめです。

・操作性に優れた「センターネック」

センターネックは、ヘッドのセンター部にまっすぐにシャフトが刺さっている形状をしています。シャフトの延長線上にフェースの芯がくるように設計されていることが多いため、操作性に優れており、直感的に打てるのが特徴です。
センターネックではオフセットのないタイプが多いため、クランクネックやベントネックと異なり引っかけのミスが多いという方にはおすすめなネック形状といえます。
センターネックは自分のタッチがダイレクトにボールに伝えることができ、インパクトの際の感触も手元で感じやすいです。そのため距離感や転がり方のイメージがしやすいため、初心者の方でも扱いやすいネック形状です。

・構え方によってシャフトの長さを選ぶ

ヘッドやネックの形状を決めたら最後にシャフトの長さを選びましょう。自身に適切なシャフトの長さとはプレイヤーの身長や腕の長さももちろんですが、構え方も考慮して選ぶことが大切です。
適正なシャフトの長さは、ボールに対して自然に構えた際にボールが目の真下にくることをポイントにして選びましょう。一般的に販売されているパターのシャフトは男性用が33~35インチ、女性用で32~33インチが多く展開されています。
構え方や身長、腕の長さなどを考慮して選ぶことが大切なので、店舗などで実際に構えて確かめることを推奨します。34インチを使用する方が多いため、迷った際は34インチを選んでおくと安心です。

イーブンロールのパター人気おすすめ6選

それでは早速イーブンロールのパターの中でも人気なおすすめアイテムを厳選してご紹介していきます。どれも優れた商品ばかりなのでぜひ参考にしてみてくださいね。

ヒールとトゥに重量配分をしているブレードワイドソールのモデルで、ピンタイプのルックスですが重心角がピンタイプよりも大きくないのが特徴です。ストローク中にフェースを開閉するプレイヤーやピンタイプが好きな方に適しています。

重心角が小さいハッチアウトマレットモデルのパターです。マレットでありながらヘッド全体が丸みのない形状は、直進性の高いストロークを描くことが可能です。

イーブンロール独自開発のV型の溝がデザインされたフェース面とスイートフェイステクノロジーにより距離感や方向性に優れたパターです。ワイドソールブレードに加え、センターシャフトなので、構えやすく初心者の方にも適しています。

ツアーで戦うプロ選手からの声から誕生したこちらのパターは、元来のパターらしいクラッシックなブレードとクランクネックのモデルです。独自の溝構造によって直進性に優れており、転がりがよくミスに強いのが魅力。

L字型のマレットタイプのパターであるこちらのアイテムは、アーク軌道のストロークなので打ちやすさがポイントです。イーブンロールらしさである構造はそのままなので、優れた方向性や距離性能も併せ持っています。

全体的に丸みのある形状をしているフルサイズのマレットタイプパターで、シャフトの装着位置がヒール寄りに設計されており立ち上がりが垂直になるのが特徴です。重心角が少しつくことによって、フェースの開閉をしてストロークするという方にも使いやすく仕上げています。

最新のパター人気ランキングはこちら

まとめ

ここまでイーブンロールのおすすめパターについて紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。一言にパターといっても様々な形状があるので、自身のプレースタイルや構え方によってぴったりのものをみつけてみてくださいね。

GORA LIFE