goralife> ギア&ファッション > 【2020年最新版】本間ゴルフのユーティリティーのおすすめ10選
ギア&ファッション

スコア フェアウェイウッド ギア

【2020年最新版】本間ゴルフのユーティリティーのおすすめ10選

【2020年最新版】本間ゴルフのユーティリティーのおすすめ10選

オーソドックスな構えやすいクラブが多い本間ゴルフ

かつてパーシモンなら本間、といわれたほど美しい形状のヘッドを作っていた本間ゴルフの設計思想は現代でも受け継がれ奇をてらったところのない非常にオーソドックスな作りのクラブが本間ゴルフの真骨頂です。

美しい形状のヘッドというのは構えやすくイメージの出しやすいヘッドということでもあります。ゴルフクラブを設計する上では科学的なアプローチももちろん重要ですが構えてしっくりくるというのは、それだけでやさしいクラブといえるでしょう。そんな基本に忠実なクラブが多いのが本間ゴルフの特徴です。

本間ゴルフのユーティリティーの特徴

本間ゴルフのユーティリティーは非常にバリエーションが豊富なことが特徴です。ヘッド形状は比較的オーソドックスなものが多いのですが、ゴルファーのタイプやレベルに合わせて最適な選択ができるように多くの種類が用意されています。

また長さを個別にオーダーできるシステムがあるシリーズも展開されていて、まさに自分にピッタリのクラブを手に入れることが可能です。ユーティリティーは正確に距離を刻むクラブですから5ヤード余分に飛んでしまうだけでも使いにくいものです。長さを希望に合わせて選べるのは嬉しいですね。

本間ゴルフのユーティリティーの選び方

本間ゴルフのユーティリティーは、クセの無いオーソドックスな形状で構えやすくイメージが出しやすくなっています。もともとはプロや上級者向けのイメージが強いブランドですがアベレージゴルファーでも使いやすいようなバリエーションも豊富です。

またユーティリティーはフェアウェイウッドとアイアンの間の距離を埋めるためのクラブです。自分が必要な距離を明確にして、次にその距離を何本のユーティリティーで埋めていくのかを考えると選びやすいでしょう。

ロフトで選ぶ

ユーティリティーを選ぶ場合、まず考えなければならないのはロフトです。ユーティリティーで埋めたい距離を考えて、その距離を何本のユーティリティーで埋めるかを考えます。

例えばフェアウェイウッドで180ヤード、アイアンセットに入っている一番長い番手で150ヤード打つとすると、その間の30ヤードを10ヤードピッチで埋めるのか15ヤードピッチで埋めるのかを考え、その距離に合うロフトを選択しましょう。

シャフトで選ぶ

次に重要なのがシャフトの選択です。シャフトによってクラブはまったく性格が変わります。特にできるだけ飛ばすというクラブではなく、アイアンと同様にグリーンを狙うユーティリティーではシャフトの重要性は高くなります。

選ぶ際にはフェアウェイウッドとアイアンの間をうまくつなぐことができるシャフトを選択するようにしましょう。たとえばユーティリティーだけで考えれば軽くて打ちやすかったとしてもフェアウェイウッドと重さが逆転してしまうようではコースで使いにくくなります。

ヘッドのタイプで選ぶ

ユーティリティーのヘッドは大きく分けてウッド型とアイアン型があります。ウッド型のほうが一般的でラインアップも多くなっていますが、やはりアイアン型でないとラインがうまく出ないという場合もあります。

アイアン型の場合はどうしても重心深度が浅くなりウッド型よりもスイートスポットがせまくなる傾向がありますが、異素材をコンポジットするなど重心位置を工夫してうちやすいクラブになっています。ウッド型では方向が定めにくいと感じる場合はアイアン型がおすすめです。

本間ゴルフのメンズユーティリティーのおすすめ商品5選

ここからは本間ゴルフのおすすめのメンズ向けユーティリティーのおすすめ商品5選をお届けします。選択肢が豊富な本間ゴルフのメンズ向けユーティリティーをぜひご覧ください。

本間ゴルフのユーティリティーの中でも、もっともハイグレードなユーティリティーです。限界まで薄肉化したボディーとフェースでインパクトのエネルギーを受け止めボディーをたまわせて、そのたわみ戻り効果で飛距離をアップする構造になっています。

ARMRQシャフトは新素材のM40Xを採用、先調子にしてインパクトゾーンでヘッドを加速します。番手はU19からU28までのラインアップ。28度まで揃っていればアイアンはショートアイアンだけで大丈夫でしょう。ヘッドスピードが落ちてきたシニア層に特におすすめのユーティリティーです。

ヘッドの飛距離性能だけではなく、シャフトとの組み合わせを追求しクラブとしてトータルの完成度を追求。トータル設計がミート率を高めます。すべて自社工場で組み立てをおこなう本間ゴルフの強みを生かしたクラブといえるでしょう。

アベレージゴルファー向けの仕様になっており、メーカーの推奨ヘッドスピードは35m/sから42m/sくらいまで。ミート率を高めるためにわずかに短尺仕様で、かつ軽量化も図られています。番手はU19、U22、U25の3種類の展開です。

すんなりと構えられる顔の良いユーティリティーです。ホーゼルを前モデル比で5mmカット、内部重量の最適化とあわせて低重心化を実現。これにより打ち出し角を2度アップすることに成功しています。

ロフトはU19、U22、U25、U28の4種類。さらにシャフトはカーボンのVIZARD For TW747とやや重量感のあるVIZARD UT-Hが用意され、スチールのN.S.PRO 950GHも選択可能ですのでスイングにあった最適な1本が選べます。

GROOVE POWER AREAと呼ばれるスリットがソール部分に入っており、これにより飛距離ロスとオフセンターヒット時の飛距離ロスが抑えられる設計になっています。また反発エリアそのものも前モデル比105%と進化。ミスヒットに強いクラブです。

ロフトはU19、U22、U25の3種類、シャフトフレックスはR、SR、Sとオーソドックスなラインアップです。専用カーボンのVIZARD for Be ZEALはアベレージゴルファー向けにタイミングがとりやすく高弾道が打てる設計になっています。

比重差のある素材のコンポジットで低重心化を図ったアイアン型のユーティリティーです。
ボディはステンレスを使用しフェースはマレージング鋼、さらにタングステンのウエイトをソール側のトゥ部分に12g装着しています。

トップブレードに多少厚みはあるものの構えた時にソール側バックフェースが極端に飛び出して見えることもなく、アイアンでのライン出しのイメージを大切にしたい方には構えやすいユーティリティーになっています。

最新の本間ゴルフのメンズアイアンセットの人気ランキングはこちら

本間ゴルフのレディースユーティリティーのおすすめ商品5選

女性専用に設計されたBERESは新しいARMRQシャフトが装着されました。手元剛性を高めたカウンターバランスによりスイングスピードのアップ。切り返しの時の無駄な動きも抑制されスイングプレーンが安定します。

番手はU22、U25、U28の3種類。フレックスはLのみの展開です。このクラブはオーダーも受け付けていてレングスをプラスマイナス0.5インチの範囲でオーダーすることも可能ですから市販品で長さが合わない方は検討してみると良いでしょう。

ソールに刻まれたセンター部の溝を浅く狭くしトゥヒール側を深く広くしたGROOVE POWER AREAで反発エリアが拡大。打点のちらばりによる飛距離ロスと不安定な方向性が大きく改善しています。

またヒール寄りに7gのビスが装着されているために重心角が大きくなりヘッドがターンしやすくなり球が捕まるようになっています。ロフトはU22、U25、U28の3ロフト展開。フレックスはLとAの2種類が用意されています。

高ミート率を実現するという発想でヘッドとシャフトをトータルで設計したユーティリティーです。ソールに配されたWスリットや高強度のスチールを使い薄肉設計にしたフェースなど最新のテクノロジーも随所に使われています。

フェースプログレッションが大きめにとられているためボールは捕まりやすくなっていますので、あまりヘッドスピードが速くない方でも楽に打つことができるでしょう。番手はU22、U25、U28の展開でシャフトはLとAの2種類からの選択です。

深重心化によりボールがあげやすく、さらに12gのウエイトをソールのヒール側に配置することで重心角を大きくして捕まりを良くしています。簡単にボールがつかまり高い球が打ちやすいという「やさしい」クラブの典型といえるクラブです。

シャフトはARMRQX38でシャフト重量40g以下という超軽量シャフトです。先調子シャフトですのでインパクトの時に加速しやすく、ロフトもつきやすくなっているので深重心のヘッドとの組み合わせでさらにボールがあがりやすくなっています。

BERESのグレードはシャフト性能により2Sから5Sまでシリーズが展開されていますが、主にオフセンターでヒットした時ブレの大きさの違いになっています。その点だけを考えれば5Sがもっとも安定性が高いといえますが価格差も大きいので、価格とのバランスを考えて選ぶと良いでしょう。

簡単に飛ばせて高い球が打てるというコンセプトはBERESに共通していますので、2Sや3Sでも一般的には充分でしょう。ロフトはU22、U25、U28の3種類でシャフトフレックスはLのみになっています。

まとめ

本間ゴルフのユーティリティーの中から、おすすめ商品をご紹介してきました。ヘッドスピードが速くなくてもボールがあがりやすく、かつ構えやすいオーソドックスな顔のクラブが多いので選びやすいと思います。ぜひ一度ご検討ください。

GORA LIFE