goralife>ギア&ファッション>【パッティングをシンプルに】キャスコパターの人気おすすめ7選
ギア&ファッション

パター 100切り スコア パット ギア ファッション

【パッティングをシンプルに】キャスコパターの人気おすすめ7選

【パッティングをシンプルに】キャスコパターの人気おすすめ7選

ヘッドに独自のガイド機能を備えることで理想的なパッティングへと導いてくれる「キャスコのパター」。キャスコのパターは、難しいパッティングが驚くほど簡単になるとして絶大な人気を誇っています。そこで今回は、キャスコパターの人気おすすめ商品をご紹介します。

ハーフ9パットも夢じゃない!パッティングをシンプルにしてくれるキャスコパター

キャスコのパターは、ヘッドに施されたさまざまなナビゲーション機能が理想的な構えとボールセッティングをフルサポートしてくれる画期的なパターです。パッティングが苦手な方でも、まっすぐ構えてまっすぐ振るだけで簡単にベストなストロークを再現できます。

パッティング精度を高めるガイドラインに加え、キャスコパターではソフトな打感を作り出すためフェース面にダイヤモンド加工を採用。最後のひと転がりの伸びに優れた、高性能なパターに仕上がっています。

キャスコパターの選び方

ここからは、キャスコパターの選び方として
・ブランド
・ロフト角
・グリップの太さ
の3つのポイントをご紹介していきます。

ブランドで選ぶ

キャスコパターでは、主に3つのブランドをラインナップしています(現行モデルでは2つ)。ここでは、各ブランドの特徴と魅力をご紹介します。

・通称「アカパタ」こと「Red9/9」

キャスコパターを代表する主力ブランドであるRed9/9は通称「アカパタ」と呼ばれ、在庫不足に陥るほど絶大な人気を誇っています。ド派手な見た目に目を奪われがちですが、アカパタの最大の魅力はヘッドに施されたアライメントラインとセンターシャフトの組み合わせ。

アカパタのヘッドには
・T字型トップライン
・バイカラーネックライン
・ターゲットマーク
・ヘッドサイドライン
の4つの白いアドレスラインが施されていて、ラインを合わせるだけでシャフト軸が身体の中心に来るパッティングの基礎的なアドレス方法を自然と再現できます。

またセンターシャフトが装着されていることで構えやすくなり、ターゲットに対して垂直にアドレスできるようになります。センターシャフトは近年構えやすいと再び注目を集めていて、ネック延長線上に球のヒッティングポイントが来ることから自然と球を芯で捉えられるのが魅力です。

・通称「アオパタ」こと「Blue9/9」

アオパタは上述のアカパタの青色モデルで、青色のカラーリングがリラックス効果を生むことで冷静なパッティングができるようになります。色味がゴルファーに与える効果は想像以上に大きく、気持ちを落ち着けてくれる青色ボディがショットの確実性を高めスコアアップへと導いてくれるでしょう。

また青色の効果は視覚だけに及ばず、筋肉にも作用します。青色の光線を浴びると筋肉は弛緩の反応を示すことがライト・トーナス値(色彩の光線が筋肉に緊張・弛緩の現象を与えることを示した数値)の値から明らかになっています。

・大入り(OIRI)

大入りパターは生産終了となっている過去モデルですが、ヘッドに施された幾何学模様が生み出す視覚効果によって方向性が出しやすくなり、精度の高いパッティングができるとして現在もなお厚い支持を得ているモデルです。フェースの両側にターゲットラインを設けることで、格段に合わせやすくなっています。

また弾きの良いチタンフェースに安定したストロークを叶えるシャフトを装備していて、理想的な転がりを演出してくれます。

ヘッドタイプで選ぶ

キャスコパターでは、ピンタイプ・マレットタイプ・ネオマレットタイプの3タイプをラインナップしています。ここでは、それぞれのヘッドタイプの特徴を見ていきましょう。

・ピンタイプ

ピンタイプは小型で軽めに作られているためフェースコントロールがしやすいのが特徴です。キャスコパターのピンタイプは、
・縦ラインで合わせる
・オーバーしがち
・オーソドックスなタイプが好き
なゴルファーの方におすすめ。

キャスコパターではピンタイプに合わせた重心設計として浅・低重心を採用し、慣性モーメントを高めることでソフトな打感と理想的な転がりを実現しています。

・マレットタイプ

かまぼこのような形状のマレットタイプはヘッドの後方に重心が置かれているため、ストロークのブレが軽減されて方向性を合わせやすいのが特徴です。
キャスコパターのマレットタイプは、
・安心してアドレスしたい
・横幅ラインで合わせる
・ショートしがち
のゴルファーの方におすすめ。

キャスコパターのマレットタイプではタイプに合った最適重心設計として深・低重心を採用し、転がりの良さを演出しています。

・ネオマレットタイプ

ネオマレットタイプはマレットタイプ同様に方向性を合わせやすく、まっすぐ構えやすいのが特徴です。キャスコパターのネオマレットタイプでは独自のコの字形状を採用することで、ストロークのしやすさをさらにアップ。

キャスコパターのネオマレットタイプは、
・方向を合わせるのが苦手
・ショートしがち
・周りと違うパターが欲しい
ゴルファーの方におすすめです。

キャスコが行ったモニター調査のデータによると、キャスコパターのネオマレットタイプを使用するゴルファーの78%がまっすぐ構えられるようになり55%にフェース向きの改善が見られたとのことで、その高いガイド力が見てとれます。

ロフト角に注目

キャスコパターでは、数々の試験結果から割り出した最適ロフト角として「1.5°」を採用。1.5°のロフト角が、ロングパット、ショートパットのどちらにおいても安定して転がりを演出してくれます。

1.5°のロフト角が生み出す転がりの良さを示すデータとして、以下にキャスコが行ったロフト角別のパターの転がりテストのデータをご紹介します。


ロフト角1.5°
<=>
ロフト角4°
ショートパット
2m22cm

2m12cm
ロングパット
4m44cm

4m39cm

グリップの太さ選びはしっくり感を大切に

キャスコのパターではツアーで人気の太径グリップ「スーパーストローク」を採用しています。スーパーストロークの特徴は、グリップの太さが右手と左手で同じになるパラレルであること。

これにより、右手首の余計な動きを抑えて安定したストロークを可能にします。またスーパーストロークの重さは58g~100g以下と非常に軽めに設計されているため、パターのバランスを崩すことなくグリップを装着できるのも魅力です。

キャスコパターの人気おすすめ7選

それではキャスコの人気おすすめパターをご紹介していきます。

パターが苦手なゴルファーのお助けクラブ、通称「アカパタ」。クラブ全体が赤色なことから「アカパタ」と言われ、パッティング率が格段に上がるサポート設計で作られています。構えやすく真っすぐ打ちやすいため初心者にもおすすめです。

アカパタのコの字形状のネオマレットタイプです。ヘッドがより大きく重くなったことで、ぶれにくく真っすぐ打てるためストロークが安定します。ヘッドが重く繊細な操作には向かないため、上級者よりは初心者におすすめです。

キャスコ人気のアカパタのブラックピンタイプ。パターの形状タイプの中で一番操作性が繊細なキャスコのピンタイプは、ボールを視界に捉えやすくするブラックカラーとヘッド上部にピンショットをアシストするサポート設計が特徴です。

2020年限定モデル通称「アオパタ」のBM-005マレットタイプ。アカパタの色を変えた限定モデルです。エネルギッシュで闘争心を駆り立てる赤色とは違い、青色はリラックスと集中力を高めます。もちろんヘッドにはパッティング率が上がるサポート設計を採用。ブルーの色彩による精神安定効果と合わせれば、スコアアップにつながります。

2020年限定モデルのBNM-006ネオマレットタイプです。ストレートシャフトがコの字型ヘッドのセンターに装着しているので、ターゲット方向を視覚で狙いやすくなっています。また、限定色のブルーが色彩の持つ効果で心理的に精神を安定させ、ピンショット率をアシストしてくれます。

ヘッドにデザインされた幾何学模様の視覚効果で、パッティングの方向性を出しやすく設計されたパターです。チタンフェース採用で、パッティングをすると心地良い響きが最高です。

キャスコDNAパターは、初心者におすすめのネオマレットタイプでパットラインを視覚で捉えやすいのが特徴です。クラブは重厚感のあるブラックカラーが大人のゴルフスタイルにピッタリです。

まとめ

今回は、キャスコパターの選び方と人気おすすめ商品をご紹介しました。キャスコパターは、難しいパッティングをシンプルにしてくれるガイド機能を備えた画期的なパターです。パッティングに悩んでいるゴルファーの方は、ぜひ一度キャスコのパターをチェックしてみてください。

GORA LIFE