goralife>ギア&ファッション>【高級クラブといえばこれ!】マルマンドライバーの人気おすすめ6選
ギア&ファッション

ドライバー 100切り 飛距離 上級者 中級者 ギア ファッション

【高級クラブといえばこれ!】マルマンドライバーの人気おすすめ6選

【高級クラブといえばこれ!】マルマンドライバーの人気おすすめ6選

職人技巧が作り出す唯一無二の高級感「マルマンドライバー」

マルマンは2018年に主力ブランドであるマジェスティを新社名にそのまま採用し「マジェスティゴルフ」に社名変更を行いました。マルマンというと1981年に発売されたメタルウッドのダンガンやシャトルシリーズが有名で、モデルはどれも高額であることからシニアの富裕層向けクラブのイメージが強いのではないでしょうか。

マルマンのクラブはドライバーをはじめ高級感ある見た目に目を奪われがちですが、性能面でも非常に優れています。「プレステジオ」「ロイヤル」シリーズでは、力が徐々に落ちてくる60~70代のシニアゴルファーに向けた軽量・長尺設計を採用。

「コンクエストブラック」シリーズでは、やさしさを求める40~50代のアスリート志向ゴルファーに向けた弾道調整機能を搭載し、各ブランドともに圧巻の飛距離性能を持つとしてユーザーから高い評価を得ています。

マルマンドライバーの選び方

ここからは、マルマンドライバーを選ぶポイントとしてブランド・フェース・タイプの3つを見ていきます。

ブランドで選ぶ

マルマンでは5つのブランドをラインナップしています。まずは、それぞれのブランドの特徴を知っていきましょう。

・SHUTTLE GOLD(シャトルゴールド)

シャトルゴールドでは、フェースの面全体で反発して飛ばす新構造、パラレル・インパクトフェースを採用。重心角が大きく重心深度を深く設計しているため、球のつかまりは驚くほど良いのが特徴です。

芯を外してしまってもセンターヒットと同じ直進性と強弾道を実現します。ヘッドだけでなくシャフトの弾きも抜群で、ヘッドスピード40m/sほどでスイングしてもしっかりとして戻りを感じられます。

ある程度ヘッドスピードが遅くても飛距離が出るため、やさしく飛ばせるドライバーとして活躍すること間違いなしです。

・Royal(ロイヤル)

ロイヤルの特徴といえば、圧倒的な初速スピード。他メーカーのクラブと比べ、群を抜いたNO,1の高初速を誇ります。フェースには蜘蛛の巣状のファインスパイダーウェブフェースを採用し、高反発性と軽量化を実現。

ルールギリギリの約30%にもおよぶ反発エリアの拡大に成功し、ミスショットも直進の強弾道に変えてくれます。スピン量が多めなので、球が上がらない人におすすめ。慣れるまでは小さめヘッドに苦戦するかもしれませんが、ボールがつかまりやすい設計でやさしく打てるドライバーです。

・CONQUEST BK(コンクエストブラック)

コンクエストブラックでは、マルマン史上初となる弾道調整機能を搭載。360°の無段階調整で、シャフトのデザインやスパインの方向に関わらず細かい調整ができるようになっています。

またカーボンクラウンの採用によってヘッドの軽量化が図られているのも特徴の一つ。ヘッドのトゥ側に余剰重量をサークルウェイトとして搭載することで慣性モーメントが大きくなり直進性がアップしています。

芯が広いため、フェースをワイドに使用するゴルファーにおすすめです。

・PRESTIGIO(プレステジオ)

プレステジオは、マルマンの中でもトップランクに位置するシリーズ。価格も最高峰で、フェース面にはマジェスティ特有のグラフィック処理が施されていて圧倒的な高級感を放ちます。

現行モデルでは約4%のインパクト効率を高めた新生フェース、3Dウェイブフェースを搭載。最大級の初速性能で圧巻の飛びを発揮します。またプレステジオのクラブは軽さと長さが抜きんでていて、特にクラブ自体の軽さは47インチの長さを感じさせないほど。

軽量長尺設計のプレステジオは、飛距離アップを狙いたい55歳以上のベテランゴルファーにおすすめのドライバーです。

・SUBLIME(サブライム)

サブライムは、R&Aが規定するルール制限を超える性能を発揮する高反発モデルです。シャフトには、マジェスティ史上最高峰の軽量化に成功した専用シャフト、24金I.P.シャフトを採用。24金を使用し、他にはない圧倒的な高級感を演出しています。

フェースには極薄のTFスプリングチタンを採用し、ハイスプリングとスパイダーウェブフェーステクノロジーにによって広範囲で高い反発性能を実現。ボール初速を最大化して、圧巻の飛びを発揮します。

フェースで選ぶ

マルマンにはフェースに独自の機能を搭載しているモデルがあります。ここでは、マルマンに採用されているフェース性能について見ていきましょう。

・弾道調整機能

マルマンでは、マジェスティ初となる弾道調整機能をコンクエストブラックモデルに搭載。40~50代のアスリートゴルファーが好む強弾道と、安定した飛距離性能を実現しています。コンクエストブラック搭載の弾道調整機構ではソールのカムの凸部分を回転させて調整する方法を採用しているため、無段階調整が可能です。

またシャフトを回す必要がないため、バックラインのあるグリップを使用できることからインパクトの再現性は非常に高いといえます。

・高反発

マルマンではサブライムやロイヤル、プレステジオなどのモデルにおいて、フェース部分に高反発化を実現する薄肉超高設計を採用しています。またマジェスティ独自のフェースデザインであるファインスパイダーウェブフェースは、蜘蛛の巣から着想を得たデザインを特殊な鍛造製法で施したもの。

ファインスパイダーウェブフェースが反発エリアを大幅に拡大し、他メーカーのドライバーでは体感できない圧倒的な反発性能を高次元で実現しています。

タイプで選ぶ

マルマンドライバーに限らず、ドライバー選びでは自分が求めている性能を満たすものを選ぶことが大切です。ここで性能タイプ別に見るモデルの特徴をご紹介していきます。

・スライスしにくいモデル

スライスしにくいモデルは、ヘッドの重心距離が短く重心角が大き目のモデル。スイング中のフェースの開きをインパクトでスクエアに戻しやすい設計になっています。マルマンドライバーでは、過去モデルのシャトルNX-1、ヴァンキッシュVRがスライサーにおすすめのモデルとして高い評価を得ています。

・フックしにくいモデル

フックしにくいモデルはヘッドの重心距離が長く、アドレス時にフェースが若干右側を向くオープンフェース設計のモデル。上級者向けで、使いこなすのが難しいクラブといえます。マルマンドライバーでは、ドローボールのコントロールがしやすいコンクエストブラックがフッカー向けです。

・飛び系モデル

オートマチックにヘッドスピードが上がる飛び系モデルでは、長尺シャフトや空気抵抗を抑えるヘッド設計を採用しています。マルマンドライバーでは、ロイヤルやプレステジオシリーズのドライバーが圧倒的な飛距離性能を持つクラブとして人気を得ています。

マルマンドライバーの人気おすすめメンズ4選

ここからは、マルマンドライバーの人気おすすめメンズ4選をご紹介していきます。

三菱ケミカルの「デュアルコア」技術を採用。真っすぐなインパクトと弾道のブレを抑えた設計で、フェース全体が面のように平行に動くのでボールが強く真っすぐ飛ばせます。

マジェスティ特有の精密フェース設計により、芯を外しても強弾道を実現します。低重心でインパクトロスを抑えるヘッド設計に、長尺軽量シャフトが低トルクで振り抜きやすさをアシストしてくれます。

シャフトには航空宇宙分野で開発された「パイロフィル®」MR70を使用し、圧巻の強弾道へど導きます。ヘッドは従来モデルよりも反発性能を進化させ、弾きと初速を格段にアップさせています。

ゴルファーの持つポテンシャルを引き出すマジェスティシリーズのレフティモデルです。新トリプル構造により捕まって飛ぶライナー弾道を実現させ、長尺専用のシャフト設計で力強く飛ばします。圧倒的な飛距離性能を可能にした一品です。

最新のメンズドライバーの人気ランキングはこちら

マルマンドライバーの人気おすすめレディース2選

次に、レディースで人気のマルマンドライバーのおすすめ商品をご紹介していきます。

特殊な鍛造製法で反発エリアを大きく拡大し、芯を外したショットでも左右のばらつきを抑えます。軽量・低トルクにより、速さと・正確さを兼ね備えた長尺シャフトへ進化。飛距離のマジェスティが安定性を兼ね備えた一品です。

従来モデルよりたわみの量・エリアのダブルアップ効果を実現させ、ミスショットによる飛距離ダウンを大幅に削減します。フェースはさらに精巧で強塑に、1.8mm以下の薄肉エリアが従来より約60%増加し飛距離アップをアシスト。

インパクトある爽快な弾き感を実現します。

まとめ

この記事では、マルマンドライバーの選び方と人気おすすめ商品をご紹介しました。マルマンドライバーというとシニアゴルファー向けというイメージがありますが、40~50代のアスリート志向ゴルファーの方にもおすすめの抜群の性能を備えています。

ぜひこの記事を参考に、お気に入りのマルマンドライバーを見つけてください。

GORA LIFE