goralife>ギア&ファッション>【フェアウェイの強い味方】ロイヤルコレクションのユーティリティーおすすめ4選
ギア&ファッション

スコア 飛距離 フェアウェイウッド ギア ファッション ゴルフ女子

【フェアウェイの強い味方】ロイヤルコレクションのユーティリティーおすすめ6選

【フェアウェイの強い味方】ロイヤルコレクションのユーティリティーおすすめ6選

ロイヤルコレクションは比較的歴史が浅く1992年にパーツメーカーとして誕生した神戸のメーカーです。ウッドのパーツとして売り出されたロイヤルコレクションのヘッドはその性能の高さから人気となり、その後クラブメーカーとして高い評価を得ています。今回はロイヤルコレクションのユーティリティーのおすすめをご紹介します。

高い信頼性、美しいフォルムが特徴のロイヤルコレクション

1995年にロイヤルコレクションが発売したキャビティソールのフェアウェイウッドは、トップアマやプロに高い評価を得てたちまち話題に。地クラブ的なメーカーのヘッドとしては異例といえるほど人気のヘッドとなりロイヤルコレクションの名前はゴルファーの間に広間しました。

そのため比較的プロや上級者向けのブランドというイメージが強いのですが、現在はアベレージゴルファーやレディース向けの商品も多くラインアップされています。プロ向けの商品開発のシビアなノウハウがそれらのクラブにもしっかりと生かされています。

ロイヤルコレクションのユーティリティーの特徴

もともとプロモデルを得意としていたメーカーですので、奇をてらったとことのないオーソドックスでアドレスが取りやすく、美しいフォルムのヘッドが特徴です。ラインアップも非常に多く、自分にあったクラブが探しやすいブランドといえます。

キャビティソールのフェアウェイウッドを得意としていたこともあり、ユーティリティーでもそのノウハウは生かされています。構えやすいシンプルなクラウン、振りぬきの良いソール形状など細かな配慮が行き届いたクラブといえるでしょう。

ロイヤルコレクションのユーティリティーの選び方

ロイヤルコレクションのユーティリティーは、クセの無いオーソドックスな形状で誰でも安心して構えることができます。プロや上級者向けのイメージが強いですがシャフトの選択を間違えなければアベレージゴルファーでも充分に使えます。

またラインアップが非常に豊富ですので、自分にあったスペックも見つけやすいでしょう。では、ロイヤルコレクションのユーティリティーを選ぶ場合のポイントについて説明していきます。

ロフトで選ぶ

ユーティリティーを選ぶ場合、何ヤードの距離を打ちたいかを明確にすることが大切です。フェアウェイウッドとアイアンの間の距離を埋めることが目的ですので、両者の間隔を何ヤード刻みで埋めたいかを考えましょう。

距離が決まったら、その距離が打てるロフトを選びます。シリーズによっては希望するロフトが用意されていない場合もありますので、どのようなロフト展開になっているかも選ぶ際の重要なポイントになります。

シャフトで選ぶ

ユーティリティーはウッドとアイアンの中間のクラブという位置づけですので、飛距離が出れば良いというクラブではありません。アイアンと同様の正確性が求められるクラブですのでシャフトの選び方も重要です。

重めのしっかりしたスチールを使って方向性を重視するか、カーボンでスイングスピードを重視するかなどの選択肢がありますが、アイアンやフェアウェイウッドに使っているシャフトの性格を考えて流れを切らさないように選ぶのがおすすめです。

ブランドシリーズで選ぶ

ユーティリティーの場合、1本しか使わないということはあまり多くはありません。特に最近のアイアンセットは6番からの展開が標準的になっていますので、フェアウェイウッドやユーティリティーでかなり広範囲の距離をカバーしなくてはなりません。

例えば6番アイアンで160ヤード、スプーンで200ヤード飛ぶとすると40ヤードの距離をユーティリティーでカバーする必要が出てきます。この場合10ヤード刻みなら3本、15ヤード刻みでも2本のユーティリティーを入れることになります。ブランドシリーズで180ヤード打てるユーティリティーがあっても170ヤード打てるロフトが用意されていないというケースもありますので必要なロフトがすべてラインアップされているシリーズを選びましょう。

ロイヤルコレクションのメンズユーティリティーのおすすめ商品4選

ここからはロイヤルコレクションのおすすめのメンズ向けユーティリティーのおすすめ商品4選をお届けします。バリエーション豊富なロイヤルコレクションのメンズ向けユーティリティーをぜひご覧ください。

やさしさを追求した万能型のユーティリティーです。セミグースネックと超シャローフェースでボールの捕まりも良く高くボールをあげることもできます。抜けの良いキャビティータイプのソールですので難しいライからでも振りぬきやすいクラブになっています。

番手はU3からU6。19.5度からの2.5度ピッチのロフトです。シャフトはRC STAR専用カーボンとスチールの2種類のラインアップ。ヘッドは17-4ステンレスですがマレージングカップフェースが採用されています。

精密鋳造のボディと圧延肉厚加工のフェースを組み合わせたフルチタン製のヘッドを採用したアスリート志向のユーティリティです。重心位置が深くフェースプログレッションも大きめなフェアウェイウッドに近い特徴を持っています。


アスリートモデルらしく番手はロフト17度のU2からの展開。3度ピッチでU3とU4がラインアップされています。それよりも短い番手はありませんので4番や5番のアイアンを使う前提になっているモデルです。シャフトはATTASとGS HYBRIDのスチールが用意されています。

高強度455マレージング鋼のボディとフェースで、反発力が高く弾き感の強いヘッドをもつユーティリティーです。非常にオーソドックスで構えやすい形状でアベレージゴルファーから上級者までどんなレベルの方でも安心してアドレスに入ることができます。

番手は19度のU3から2.5度ピッチでU6までありますので5番ウッドやミドルアイアンを抜いてもカバーすることができます。スチールシャフトも用意されていますが、おすすめはカーボン。FUJIKURA SPEEDERの専用シャフトがR、SR、Sの3種類のフレックスで用意されています。

ブラックの塗装とブラックIP加工で引き締まった顔つきのユーティリティーです。構えた時に投影面積が小さく見えますので、ユーティリティーではフェアウェイでソールが跳ねてしまうイメージがある方には非常に使いやすいクラブです。

本体は高反発のマレージング鋼で、番手は19.5度のU3から2.5度ピッチでU6までの展開です。こちらのモデルはアジャスタブルウェイトがソール後方についていて、これを入れ替えることで1.5gから9gまでウェイトの調性をすることができます。

最新のロイヤルコレクションのメンズアイアンセットの人気ランキングはこちら

まとめ

ロイヤルコレクションのユーティリティーの中から、おすすめ商品をご紹介してきました。オーソドックスで構えやすいシェイプ、プロや上級者に支持される高い信頼性が特徴のトイヤルコレクションのクラブをぜひ一度検討してみてください。

GORA LIFE