goralife>ギア&ファッション>ダンロップのゴルフボールおすすめ10選
ギア&ファッション

100切り スコア ゴルフボール

ダンロップのゴルフボールおすすめ10選

ダンロップのゴルフボールおすすめ10選

ダンロップは糸巻きボールの時代からゴルフボールのトップブランドとして君臨してきたメーカーです。長い歴史を誇るダンロップのゴルフボールはまさに信頼のブランド。そんなダンロップのゴルフボールのおすすめをご紹介させていただきます。

歴史と信頼のダンロップゴルフボール

ダンロップは糸巻きバラタカバーボールの時代にROYAL MAXFLYという、日本のプロツアーを席捲した伝説のボールを生み出したほか、2015年から2018年まで国内のボール販売シェアNO1を4年連続で獲得するなど名実ともに日本のボールのトップブランドのひとつです。

飛距離が伸び続けるゴルフボール

ゴルフボールは極めて厳格にルールで規定が定められています。大きさや重さはもちろんのこと飛距離についても限界値が定められていて、一定以上飛んではならないとされています。ではボールの飛距離は進歩していないのかというとそんなことはありません。

ルールで定められた一定の条件の下での初速や飛距離は、必ずしもゴルファーの普段のプレーに近いものではありません。ですので、例えばドライバーのスピン量であったりアマチュアのヘッドスピードに適した硬さだったりという工夫を凝らしてより飛ぶボールを開発しています。

ゴルフボールの選び方

ゴルフというスポーツは自分で使うボールを自分で決めることができます。スコアはボールによってずいぶんと違ってきますので、クラブを選ぶのと同じようにしっかりと自分に合うボールをみつけることが重要です。

では選ぶ時にはどのように考えて選べば良いのでしょうか。ゴルフボールの選び方のポイントについて説明をしていきます。

ヘッドスピードで選ぶ

ゴルフボールを遠くに飛ばすには、クラブがボールに当たった時に適正な量でボールがつぶれてくれる必要があります。つぶれたボールが戻る力によってボールが飛び出していく速さが変わるためです。

つぶれ方が少なくても、多くつぶれ過ぎてもボールは飛びません。そのためボールにはおおよその適応ヘッドスピードというものが設定されています。自分のヘッドスピードが、その範囲にあるかどうかを確認して選ぶと良いでしょう。

打感で選ぶ

ゴルフボールの打感というのは、選ぶ上で非常に重要な要素です。ある意味では飛距離よりも優先される要素かもしれません。なぜならば打感というのはパッティングやアプローチなど距離の調整が必要なストロークすべてに大きな影響を及ぼすからです。

たとえばパッティングのストロークではストロークの大きさだけではなく強さというものも距離を合わせる上では大切です。打感が合わないと自分の中にある距離に対する感覚と実際に転がる距離が違ってきてしまいます。この感覚というのは人によって当然異なってきますので自分に合った打感のゴルフボールを選ぶことが重要になってきます。

スピン量で選ぶ

スピン性能も選ぶ上で押さえておきたいポイントです。大きくわけるとスピンがあまりかからないものは飛距離が出ますし、曲がりも少なくなります。一方アイアンでは止まりにくくなります。

スピンがかかりやすいものは、回転を効かせたアプローチでピンに寄せるなど多彩な技が使えますし、アイアンショットもグリーンに止まりやすくなります。一方ミスショットをした時の曲がり幅などは当然大きくなってきます。

ダンロップのメンズゴルフボールおすすめ商品8選

ここからはダンロップのおすすめのメンズ向けゴルフボール8選をお届けします。プロも使うコントロール性の高いボールから、アベレージゴルファーがゴルフを楽しめるように考えられたボールまで多彩なボールがラインアップされています。


抜群のスピン性能とソフトなフィーリングを誇るボールです。3ピース構造ですが、カバーの部分にスーパーソフトウレタンカバーを使用していますのでアイオノマーカバーのボールに比べると非常に柔らかい打感です。

さらに東京大学で発明されたSeRMという素材でコーティングされており、従来のコーティングに比べて70%ソフト化されています。一方ミッド層の硬度を高硬度化しており飛距離性能とスピン性能を高次元でバランスした設計になっています。

3ピース構造でコアが高反発ファーストレイヤー大径コア、ミッド層がテファブロックHR+配合高反発ソフトミッドで構成され、カバーはソフトアイオノマーになっています。

ディスタンス系とスピン系の中間くらいに位置するボールですが、Z-STARと比較すればこちらのTRI-STARのほうがディスタンス重視になっています。サイドマークにアライメント機能がついたラインが入っており、パッティングの際のセットアップに役立ちます。

アベレージゴルファー向けの大人気ブランド、ゼクシオイレブンのボールです。ヘッドスピードがあまり速くないアベレージゴルファー、具体的にはヘッドスピード38m/sから39m/sくらいでも高い球で飛距離が出せるボールになっています。

スピンがあまりかからないようになっていますので、ドライバーで吹け上がってしまう方には特におすすめです。サイドスピンも少ないのでドライバーのスピン量が多いスライサーの方は飛距離アップが期待できるでしょう。そのぶんアプローチなどでスピンを効かせたショットなどは打ちにくくなっています。

ゼクシオの新しいラインのボール、ゼクシオXです。ゼクシオイレブンと比較すると対象とするゴルファーが少しヘッドスピードが速いほうに振られています。具体的には40m/sから42m/sくらいのゴルファーがメインのターゲットです。

ゼクシオイレブンが飛距離重視になっているのに比較して、スピン性能を求めるようなボールになっています。スピン系の上級者向けボールでは充分なスピンが得られないヘッドスピード42m/sくらいのゴルファーでも充分にスピンの効いたアイアンショットが打てるボールです。

すでに発売から20年近くが経過しているツーピースボールです。おなじTOUR SPECIALのソフトフィーリング版としてリリースされたボールで当時のツーピースボールとしては非常に柔らかい感触でした。

さすがに最新のボールに比べれば硬い印象は否めませんが、初心者の方が使うには充分な性能です。価格もロストボール並みですのでコースデビューの方にも最適です。

SRIXON Z-STARの飛距離性能はそのままに、スピン性能を強化したモデルです。4ピース構造で、アウターコアを大きくした新2層コアで高反発化を実現しています。

カバーはウレタンカバーで、さらに東京大学で発明されたSeRMという素材でコーティングしています。摩擦係数が従来のコーティングよりも14.4%アップしていますのでフェースへの食いつきが良く、ショートゲームでのスピン性能に優れています。

2ピース構造の飛距離重視型ボールです。高反発大径ソフトE.G.Gコアと従来よりも30%薄くした高耐久、こう反発のアイオノマーカバーでディスタンス系独得の硬さが軽減されています。

魅力のひとつはお値段。SRIXONの商品ラインアップの中では非常にお求めやすい価格で販売されていますので、まとめて買ってキャディバッグに多めに入れておけば池やOBの多いコースでも安心です。カラーはホワイトとパッションイエローから選べます。

ボールスピードをアップして飛距離が伸ばせるツーピース構造です。高反発ソフトファストレイヤーコアと高反発ソフトアイオノマーカバーの組み合わせで飛距離だけでなく柔らかいフィーリングも実現しています。

ボールの横の部分にはアライメント機能付きサイドマークがついていて、パッティングの際にターゲットに正しいアドレスを取ることが容易になっています。

ダンロップのレディースゴルフボールおすすめ商品2選

飛距離性能とソフトなフィーリングを進化させた女性専用設計のゴルフボールです。ツーピース構造でコアには高反発大径ソフトE.G.G.コアを採用。カバーは「テファブロックHR+」「ハイミラン」配合の高反発ソフトアイオノマーカバーとなっています。

適応ヘッドスピードが、30m/s程度からとなっておりヘッドスピードがあまり速くないレディースの方でもドライバーの高い弾道と飛距離が望めます。カラーはホワイトとパッションピンクから選ぶことができます。

その名の通り、非常に柔らかいフィーリングが特徴のスーパーソフトスリーピース構造でダンロップの調べでは90%以上の人がドライバーでもパターでもソフトなフィーリングを実感しています。

柔らかいだけではなく飛距離性能も高く、インパクトの瞬間に大きく変形し飛ばせるボールになっています。レディースゴルファーを意識した豊富なカラーラインアップが人気で、ホワイト、プレミアムホワイト、プレミアムピンク、プレミアムパッションイエロー、プレミアムパッションオレンジと5色ラインアップされています。

最新のダンロップのゴルフボールの人気ランキングはこちら

まとめ

ダンロップは現在でも国内ではブリヂストンと人気を二分するメーカーです。ツアープロの使用するモデルから、アベレージゴルファー向けまで全ゴルファーに対応できるラインナップを揃えておりカラーも豊富です。信頼のおける歴史あるダンロップのゴルフボールをぜひ一度使ってみていただければと思います。

GORA LIFE