goralife> ギア&ファッション > 【あこがれの名器】スコッティキャメロンのパターおすすめ9選
ギア&ファッション

パター 100切り スコア 上級者 中級者 ギア

【あこがれの名器】スコッティキャメロンのパターおすすめ9選

【あこがれの名器】スコッティキャメロンのパターおすすめ9選

ゴルファーならいつかは一度は使ってみたいパターといえば、やはりスコッティキャメロン。その美しさと精巧な作りは芸術作品とも言われるほど。マニアやコレクターも多く、限定品などは1本で数百万円の値がつくこともあります。

トッププロが絶大な信頼を寄せるパター

世界で活躍するトッププロで、スコッティキャメロンのパターを一度も試したことがない、という選手のほうが少ないのではないかと思えるほどで、タイガーウッズ、フィルミケルソン、ロリーマキロイそして松山英樹などが錚々たる顔ぶれが一度は使っています。

特にタイガーウッズはマスターズをはじめ、年間で3つのメジャーに勝った年にスコッティキャメロンを使っていました。このことで日本でも爆発的な人気のパターになりました。

精密な削り出しのヘッド

スコッティキャメロンのパターは、すべて精密な削り出しという方法で作られています。一般的なパターヘッドは鋳造製法が使われていて、ワックスの型に金属を流し込んで作られますが削りだしの場合はひとつひとつ鉄の塊を削っていくことで成型をしていきます。

型で作る場合大量生産は可能ですが金属が冷える過程などで、どうしても仕上がりに微妙な誤差が出ます。一般のゴルファーでは問題にならなくても、髪の毛1本の誤差を感じ取れるトッププロにとっては削りだしの緻密な仕上がりが大舞台での安心感につながるのです。

スコッティキャメロンのパターの選び方

スコッティキャメロンのパターは、1本買えば一生ものといえるパターです。それだけに慎重に選びたいもの。

パターは他のクラブと違いプロの使っているものをアマチュアがそのまま使うことができますので、気に入ったものを選べば良いのですが、ある程度選ぶにあたっての考え方はありますので、それをご紹介していきたいと思います。

ヘッドのタイプで選ぶ

パターヘッドの形状は、大きく分けてピン型、マレット型、ネオマレット型に分けることができます。その中から、まず自分がどの形のヘッドを使いたいかを考えましょう。

スコッティキャメロンは限定モデルまで含めると非常に多くの種類がありますから、まずヘッドの形状である程度モデルを絞ってからひとつひとつのモデルの特徴を見極めながら決めていくのが良いでしょう。

価格帯で選ぶ

スコッティキャメロンの特徴のひとつは、価格帯の幅の広さです。リミテッドモデル、プロトタイプといった希少性の高い商品ですと世界中のマニアが注目しますので、流通する価格も当然高騰します。

お手頃なものでは2万円台で手に入りますが、高いものですと1本400万円を越えるものまでありますので、ある程度先に予算を決めておきましょう。

好きなプロが使っているモデルを選ぶ

自分が好きなプロ、応援しているプロと同じタイプのパターを選ぶというのも、ツアーで使用プロの多いスコッティキャメロンを選ぶ楽しみのひとつです。

ドライバーやアイアンなどでは、タイガーウッズが使っているモデルは難しくて使えないかもしれませんが、パターであれば、(素材など厳密には同じ物ではありませんが)同モデルを使って楽しむことができます。

スコッティキャメロンのパターおすすめ商品10選

ここからはスコッティキャメロンのおすすめのパター10選をお届けします。どのパターも洗練されたフォルムをもち、心地よい打感や打音が楽しめます。世界のトッププロに認めらたパターをぜひ検討してみてください。

スコッティキャメロンのパターというと、まずニューポートシリーズを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

もっとも定番のモデルであり、タイガーウッズが使用していたのも、素材こそGSS(ジャーマンステンレススチール)ですがニューポート2です。オーソドックスなピン型でソールのトゥ側とヒール側にウエイトが装着されています。

セレクトシリーズのミッドマレットタイプです。303ステンレスのボディに6061エアクラフトアルミニウムのソールを採用。余剰重量をトゥヒールにウエイトで配分することで大きな慣性モーメントを実現しスイートスポットを広げています。

トゥとヒールに装着されたウエイトはセレクトウエイトと呼ばれ、重量を選んで交換が可能です。全体重量のフィーリングが合わない時や、リグリップでバランスが変わった時などに重量を変更することができます。

比較的コンサバーティブな形状の作品が多いスコッティキャメロンですが、ファントムシリーズは革新的なテクノロジーを積極的に採用したシリーズになっています。

ウイングに303ステンレスを、ボディには6061アルミニウムを採用。比重の軽い素材をボディに、比重の重い素材をトゥヒールに配置することで高い慣性モーメントを実現しています。またターゲットに正しく構え、ストロークできるツアープリファードアライメントを採用しています。

タイガーウッズがマスターズで優勝した時に使用していたニューポート2のトレリウムインサートモデルの復刻版です。

トレリウムインサートによるソフトな打感を再現しつつバックフェイスのバイブレーションダンピングシステムや慣性モーメントを高めるトゥヒールウエイトなど最新の技術を搭載。単なる形状の復刻では無く、よりアップグレードされたモデルとなっています。

革新的でありながら洗練されたスタイルのパターです。ぱっと見るとネオマレットタイプのようにもみえますが、むしろピン型のヘッドにウイングをつけたパターという感じです。アドレスでセットアップすると必要以上にウイングが視覚を邪魔することがありません。

ピン型ヘッドは、もともと重量をトゥとヒールに集中させることにより慣性モーメントを大きくするというコンセプトのヘッドですが、さらにウイングをつけることでその効果を大きくしています。振動を吸収するためのデュアルゾーン バイブレーション ダンビングシステムが搭載されていて、柔らかい打感を実現しています。ネック形状はナックルネックのCX-01とジョイントネックのCX-02がラインアップされています。

L字型のネック形状のマレットヘッドです。シャフトがヒールのところから立ち上がっているフォルムになりますので、アイアンと同じような流れで構えられるタイプです。

他のセレクトシリーズ同様にマルチマテリアルソリューションやバイブレーションダンピングシステムが搭載され、慣性モーメントが大きく打感の良いパター仕上がっています。L字タイプのブレードのほうが構えやすいという型におすすめしたいパターです。

ネオマレットタイプで、ウイングの両端に配置されたウエイトがデザインの特徴になっています。マルチマテリアルテクノロジーで大型のヘッドの周辺部にステンレスを使用、中央部分にアルミニウムをはめ込むことで大きな慣性モーメントを実現しています。

さらにトゥ側とヒール側の最後方にウエイトを配置することで、スイートスポットがより大きくなりました。ストローク中のヘッドのブレを最小限に抑え、ターゲットに対してストレートなボールが打ち出しやすいパターになっています。マレット型でスポットの広いパターをお探しの方には特におすすめです。

赤いソールプレートが印象的なマレットタイプのパターです。303ソフトステンレスのボディに6061アルミニウムのソールのマルチマテリアルで、ミスヒットに対する許容度が非常に高くなっています。

レングスは33、34、35と3タイプあり、ソールウエイトはレングスによって変えられています。シャフトはシングルベントで構えたときにトップラインが非常にすっきりと見えます。

スコッティキャメロンが娘さんに贈るマイガールシリーズは2002年にスタートしました。毎年クリスマス近辺でのリリースになり、こちらは2019年のモデルで世界限定1250本の限定生産品です。

パターはファントムXの7.5のローベントシャフトがベースになっています。クラウン、ソール、シャフト、グリップからヘッドカバーまで黒地にフローラルの柄が施されています。コレクターモデルとしての性格が強いですが、ファントムXの高い完成度そのままのパターですので実際にお使いいただいても満足度の高い逸品です。

最新のスコッティキャメロンのパターの人気ランキングはこちら

まとめ

スコッティキャメロンのパターの中から、おすすめ商品をご紹介してきました。製品としての高い完成度はいうまでもないパターですが、所有欲をここまで満たしてくれるパターはなかなか他にはありません。いつかはキャメロン、ゴルファーならそう思う方も多いでしょう。これを機会に一生ものの1本を探してみてはいかがでしょうか。

GORA LIFE