goralife> ギア&ファッション > 【トッププロも愛用】テーラーメイドウェッジの人気おすすめ7選
ギア&ファッション

アプローチ 上級者 中級者 ギア

【トッププロも愛用】テーラーメイドウェッジの人気おすすめ7選

【トッププロも愛用】テーラーメイドウェッジの人気おすすめ7選

タイガー・ウッズやダスティン・ジョンソンなどのトッププロが、こぞってツアーで愛用するテーラーメイドウェッジ。ウッド系に強いイメージのテーラーメイドですが、実はウェッジの実績も十分です。そこで今回は、テーラーメイドウェッジの人気おすすめ商品をご紹介していきます。

テーラーメイドウェッジはプロが惚れ込む高クオリティ

テーラーメイドと聞くとウッド系クラブに強いメーカーというイメージがある方も多いかと思いますが、実は優れたウェッジを多数輩出しています。テーラーメイドのウェッジには、数多くのプロたちが海外ツアーで実践投入するほどの高いクオリティを持つモデルが豊富。

愛用者には、ダスティン・ジョンソンやローリー・マキロイ、フランチェスコ・モリナリなどの錚々たるメンバーが名を連ねます。名だたるプロから厚い支持を受けるテーラーメイドウェッジは、中級者~上級者ゴルファーにおすすめ。

スピン性能やクラブの使い勝手において、テーラーメイドウェッジは上級者ゴルファーでも十分フィットする性能を持っています。またデザインが他メーカーのクラブと比べてもひときわスタイリッシュなので、ギアマニアのゴルファーにもぴったりです。

テーラーメイドウェッジの選び方

テーラーメイドウェッジは、
・クラブスペック
・デザイン
・人気モデル
の3つのポイントで選ぶのがおすすめ。

ここからは、テーラーメイドウェッジの選び方のポイントをそれぞれ見ていきましょう。

クラブスペックで選ぶ

テーラーメイドに限らず、ウェッジをはじめとしたクラブを選ぶ時にはロフト角・バウンス角・シャフトが自分に合っているのかどうか吟味することが大切です。それぞれのスペックをチェックしてみましょう。

・ウェッジを何本か入れるならロフト角間隔は均等に

まず最初にチェックしておきたいのが、ロフト角。ロフト角はシャフトの軸線とフェース面が作り出す角度のことで、数字が大きいほど地面と平行になりボールが高く上がってバックスピン量が多くなります。

ウェッジのロフト角は、ショット時のボールの高さや飛距離を左右する重要な要素。アイアンセットにはピッチングウェッジが入っているのが一般的なので、ウェッジの追加はアプローチウェッジを単体で2、3本というのが主流です。

そのためウェッジのロフト角は、ピッチングウェッジのロフト角を基準に2~6度間隔で選びましょう。また自分のプレースタイルに合わせて、ロフト角の大小を決めることも大切です。例えばグリーン周りでのアプローチは転がしが多いという方は、ロフト角の小さい50度を1本、バンカー用に56度を1本といった設定にすると良いでしょう。

バウンス角でヘッドの滑りやすさを調節

バウンス角とはシャフト軸線とソールが作り出す角度のことで、リーディングエッジからのソールの出っ張り具合を表します。バウンス角が大きいとクラブヘッドは滑りやすく、角度が小さいとヘッドは滑りにくくなります。

12~18度程度のバウンス角が大きいクラブはダフリのミスには強いですが、その反面ソールが地面に当たって弾かれてしまうためトップのミスは出やすくなるのが特徴です。一方バウンス角が小さいクラブはソールの出っ張りが少ないことからボールの拾い上げに長けているのが魅力。

ロブショットなどの真上への打ち上げもしやすいですが、リーディングエッジが鋭角である分ザックリミスが起こりやすいのが難点です。

・シャフトはアイアンセットに合わせて

ウェッジのシャフトは、アイアンセットに合わせるようにしましょう。アイアンセットに含まれているピッチングウェッジがカーボンシャフトであれば、追加するウェッジもカーボンシャフトを選ぶのがおすすめです。

シャフトをアイアンセットに合わせておけば、ダフリやトップのミスを軽減することができます。ウェッジが重すぎると自然と身体を使ってクラブを持ち上げるようになり、身体の右側が伸びるテークバックの反動でダウンスイングでは右側が縮んでしまうためダフリやすくなることに。

一方ウェッジが軽すぎるとダウンスイングで手が先走るため、遅れたヘッドを調整しようとすることでダフリのミスを誘発してしまいます。

・構えてみて違和感のないデザインが◎

テーラーメイドウェッジは、構えたときにしっかりとボールに意識が向くデザインのクラブヘッドを持つものを選びましょう。アドレス時にボールではなくクラブヘッドに目を取られてしまう場合には、自分には合わないデザインである可能性があります。

またテーラーメイドウェッジにはクロームやブラック、ゴールド仕上げなどさまざまなデザインがあるため、気分を上げてくれるものを選ぶとゴルフをより一層楽しむことができるでしょう。

評価の高い人気モデルを選ぶ

プロに愛用者の多いテーラーメイドのウェッジには、プロアマ問わず高い評価を得ている人気モデルがあります。ここでは、厚い支持を受けるテーラーメイドウェッジのモデルを見ていきましょう。

・MILLED GRIND(ミルドグラインド)2

ミルドグラインド2は、タイガー・ウッズやダスティン・ジョンソン、ローリー・マキロイなどのPGAトッププロ達の熱烈なリクエストから誕生したテーラーメイド渾身のウェッジモデルです。

ミルドグラインド2最大の特徴は、フェース面の完全ノーメッキ仕上げ。ノーメッキが作り出す鋭利な溝によってフェース面でのボールの滑りを防ぎ、スピン性能を最大限までアップさせます。

さらに太陽光の反射まで防いでくれるという優れものです。またミルドグラインド2では、ウェッジの性能を左右するソールも徹底追及。コンピューター制御された機械による加工によって正確な削り出しを行うことで、ソールの均一性を高めています。

ミルドグラインド2の2019年最新モデルでは、フェース面をより肉厚にすることで打感と打音をアップ。ミルドグラインド2は、プロアマ問わず使用できる高精度のウェッジとしてのこだわりを散りばめた至極のモデルです。

・MILLED GRIND HI-TOE(ミルドグラインドハイトゥ)

ミルドグラインドハイトゥは、その名の通りフェースのトゥ側を高く設計しているモデルです。トゥを高くすることによってヒールに寄っていた重心をセンターに移動し、低弾道と安定的なスピンを実現しています。

またトゥ側だけでなくバックフェースのソール側にも3つのキャビティポケットを空けることで、重心位置をさらにアップ。フェースが開きやすくスピンが効くためグリーン周りに強く、どんなライであっても安心して打つことができるでしょう。

フェースを開いて使用することが多いというゴルファーには特におすすめのモデルです。

テーラーメイドウェッジの人気おすすめメンズ5選

ここからは、テーラーメイドウェッジの人気おすすめ商品をメンズ・レディースに分けてご紹介していきます。最新モデルから若干リーズナブルになった旧モデルまでピックアップしているので、比較検討してお気に入りの一本を見つけましょう。

大人気ミルグラインドハイトゥシリーズのやさしい版として展開するビッグフットモデルは、大きくて幅広いソールが最大の特徴。どんな状況であっても簡単にボールを拾い上げてくれます。

さらにフェースのトゥ側までスコララインを伸ばしたフルスコアラインデザインを採用していて、フェースを開くロブショットやバンカーショットなどでも最適なスピン量を実現してくれるでしょう。

メッキ加工を完全に排除したフェースにレーザーエッジング加工を施すことで、ボールのグリップ力をアップ。さらにグルーブを立たせた新しいデザイン設計で、安定的なスピン性能を実現しています。

テーラーメイド独自のマシンソール加工によって、ヘッドの座りやショットの抜けは抜群。フェースの肉厚設計によって心地よい打感・打音も味わうことができる、こだわりを追求したモデルです。

ミルドグラインドは異なるショットタイプに対応するスタンダードバウンスとローバンスの2つのソールタイプを用意。自分のショットタイプによって、適したソールを選ぶことができます。

テーラーメイド独自のマシンソール加工によって均一なソールの再現に成功したミルグラインドでは、スルーボア形状を採用することで重心位置を調整。コントロール性能や打感アップを実現しています。

ミルドグラインドハイトゥにロフトラインアップとソールバリエーションが追加された新バージョン。スタンダード・4ウェイ・ATVグラインドの3つのソールタイプが用意されていて、さまざまな状況下で最高のパフォーマンスを発揮します。

フルショットが多い50~54度にはスタンダードスコアライン、56~64度にはトゥ側までスコアラインを伸ばしたフルスコアラインを採用。どんなライからでもしっかりとボールをつかみ、安定したスピンを見せてくれます。

ミルドグラインド2のマットブラック仕上げモデルです。マットブラックはボディにQPQ処理という表面効果と防食性を一つの高低で行う処理方法を施すことで、耐久性とコンパクトに見えるスタイリッシュさを持つのが特徴。圧倒的なかっこよさで気分が上がること間違いなしです。

最新のテーラーメイドのメンズウェッジの人気ランキングはこちら

テーラーメイドウェッジの人気おすすめレディース2選

次に、レディース向けとして人気のテーラーメイドウェッジのおすすめモデルをご紹介していきます。

M GLOIRE(エムグローレ)は、テーラーメイド独自の新技術であるリブコアエイチ・ティを採用した大型フェースにワイドソールキャンバーなどによって、飛距離性能と寛容性をアップしたレディース向けモデルです。ツイストフェースが弾道の乱れを抑え、直進性と飛距離を高めてくれます。

SIM MAX(シムマックス)は、これまで両立できないと思われていた飛距離と打感を高いレベルで実現したテーラーメイド渾身のレディースウェッジ。スピードブリッジと肉薄フェースによって、高初速とクラブ最高レベルの打感を実現しています。

最新のテーラーメイドのレディースウェッジの人気ランキングはこちら

まとめ

テーラーメイドのウェッジには、タイガー・ウッズやローリー・マキロイが愛用するほどの高精度モデルが充実しています。今回ご紹介した選び方のポイントや人気おすすめ商品を参考に、自分が求めているとっておきの一本を見つけてください。

GORA LIFE