goralife > ゴルフ場 > ネイチャー&ゴルフ ゴルフパラダイス・コタキナバル
ゴルフ場

ゴルフ場 海外

ネイチャー&ゴルフ ゴルフパラダイス・コタキナバル

ネイチャー&ゴルフ ゴルフパラダイス・コタキナバル

ボルネオ島をご存知ですか?
テレビのジャングル探検特集で、「巨大生物に遭遇」や、「ラフレシアを見つける」企画があると、今も昔もわくわくどきどきしながら見てしますが、そんな企画で度々登場する島です。ですので、一般的に未開のジャングルのイメージが強く(実際そういうところも多いのですが)、中々ゴルフのイメージはないかもしれませんが、海と山のコントラストが美しいゴルフリゾートを有するデスティネーションがここにはあるんです。
マレーシア、インドネシア、ブルネイの3カ国が領土を共有するボルネオ島は、島といっても、日本の1.9倍の面積を誇る巨大さ。アルプス・ヒマラヤ造山帯と、環太平洋造山帯の交点に位置する地域で、標高4095メートルを誇るキナバル山を背景に栄えるボルネオ島北部マレーシアのコタキナバルには、日本から直行便も飛んでおり、家族連れやカップルなど、多様な旅行者が訪れる、人気リゾートデスティネーションです。
ダイビングやビーチアクティビティーなど、定番のリゾートアクティビティーも多いですが、オランウータンを見に行くツアーや、蛍の群生地を見に行くマングローブツアーなど、大自然に触れることも出来る、素朴さが売りです。
ゴルフデスティネーションとしても、非常に利便性が良い場所です。空港からコタキナバルの街までは約10分の距離ですし、空港から一番近いゴルフリゾート、ステラハーバーリゾート&スパは、空港から5分、街まで5分の距離。27ホールを有するこのリゾートに滞在しながらのゴルフバケーションだけでも十分に楽しいのですが、今回ご紹介するダリットベイゴルフ&カントリークラブは、必ず訪れて欲しいコースです。

コタキナバル市内から約40分、ダリットベイゴルフ&カントリークラブは、シャングリラ・ラサ・リアリゾート&スパに隣接するリゾートの雰囲気満載でありながら、しっかりと戦略性も兼ね備えたコースです。海に面したジャングル地帯に雄大にレイアウトされた18ホールで、天気の良い日には、クラブハウス周辺からキナバル山を見ることが出来ます。山、海、ジャングルが共存するゴルフコースというわけです。
フェアウェーに立てば、そこに静寂はありません。様々な鳥のさえずりや、鮮やかな花々を、打球の先々で楽しむことが出来るコースです。リゾートコースと侮るなかれ、ティーショット、セカンドともに気が抜けません。巧みに配置された池やグリーンサイドバンカーにハマれば、スコアメークに苦しむことになります。林に打ち込めば猿、池の淵に行けばイグアナやオオトカゲに会えるかもしれませんから、それはそれで楽しいのですが。
シグネチャーホールは、11番パー3。入江を越す、海越えのホールで、グリーンの奥には、天気が良ければキナバル山を見ることができます。大好きなホールなのですが、海風の影響を受けやすく、まともなスコアで上がったことが一度もありません。このホールでバーディーを取るまでは、このコースにこれからも戻ってきたいと思っています。

コタキナバルへの行き方、楽しみ方
マレーシア航空の成田/コタキナバルの直行便で約6時間と、非常にアクセスの良いデスティネーションです。空港から街も近く、街と空港の間には、オーシャンビューが美しいコースを有する「ステラハーバーリゾート&スパ」がありますから、ゴルフを主目的にされる方は、ここに泊まってゴルフに出かけるのがおすすめ。近年、街の開発も進み、ショッピングモールやレストランも多くなってきました。近海で取れた、新鮮な海鮮の中華料理はとても美味しいです。この地域でしか食べることが出来ない、「サバベジ」も忘れずに頼んでください。
10年にわたり、何度も訪れたデスティネーションですが、家に帰ってきたような気持ちにさせてくれる場所です。スターターのおじさんやカート担当のおばさんは、何時行っても変わらず迎えてくれます。
5つ星リゾートと、地元の人々の素朴なホスピタリティーのコントラストが心地よい、何度でも訪れたいデスティネーションです。

GORA LIFE