goralife > ゴルフ場 > 常春の島、スペイン領・テネリフェ島のフォトジェニックコース
ゴルフ場

ゴルフ場 海外

常春の島、スペイン領・テネリフェ島のフォトジェニックコース

常春の島、スペイン領・テネリフェ島のフォトジェニックコース
写真/NibLinks

私達ゴルファーにとっては、永遠のようにも感じる冬。暖かい気候を求め、海外ゴルフ旅行へ出かけられる方も多いのではないでしょうか。
日本のゴルファーにポピュラーなウィンターゴルフデスティネーションといえば、ハワイ、グアム、タイなど、いずれも直行便を利用し、季節を越えられるエリアですよね。では、海外のゴルファーたちは、どのようなウィンターゴルフデスティネーションにいくのでしょうか。
アメリカには「スノーバード」という、避寒者を表す口語がありますが、寒い地域に住む人たちは温暖な気候を求め、1月、2月にフロリダやカリフォルニアなど、南のデスティネーションに多く訪れています。欧州のゴルファーたちにもアメリカは人気ですが、ドイツや英国などのゴルファーにとって、もっと身近なウィンターゴルフデスティネーションは、スペインやポルトガルです。今回ご紹介するスペイン領・テネリフェ島は、その中でも人気のデスティネーションの一つです。

これぞリゾートゴルフ、テネリフェ島のアバマ・ゴルフ・クラブ

最近では日本のサッカー選手がこの島を本拠地とするチームに移籍したので、なんとなく名前を聞いたがある方もいるかと思いますが、テネリフェ島はスペインを代表するゴルフリゾートデスティネーションなのです。
大西洋に浮かぶこの島は、アフリカ大陸・モロッコの西にある島で、一番気温が高くなる8月で平均最高気温28度、一番気温が落ちる1月でも21度と、とても天候が安定しており、過ごしやすく、英国やドイツからの旅行者で年中賑わっています。
テネリフェ島には、ゴルフ場が9か所。安定した気候により、安定したコンディションが保たれ、青い海に映えるフォトジェニックなコースが多いですが、その中でも今回ご紹介する「アバマ・ゴルフ・クラブ」は、特に景観に優れ、この島に訪れる欧州のスノーバード達が「一度はプレーする場所」です。

「アバマ・ゴルフ・クラブ」は、400エーカー有するアバマリゾート内のゴルフ場。アバマリゾートは、長期滞在者用の高級アパートメントや、リッツカールトンホテル、ショッピングモール、多面のテニスコートを有するラグジュアリーコンプレックスです。海を見渡す丘の上に位置するリゾートで、ゴルフ場は最も景観の良い場所にレイアウトされています。
多くのホールから海を見渡すことが出来、まるで海の上に浮いているような感覚さえ覚えます。
水平線、そして対岸の山々とグリーンのコントラストは、どこを切り取っても絵葉書のよう。豪快なスライスを放つとキャンパスを汚してしまうようにさえ感じる背景ですが、大きく右に飛んだ球を追いかけ、セカンド地点にいっても、また違った絶景を見せてくれます。
これぞリゾートゴルフ。池に入ってもさほど気にならないし、青空の背景に白球が映え、いつもより飛んでいるような気分にもさせてくれる、最高に楽しいゴルフでした。

テネリフェ島の楽しみ方、行き方

アバマリゾートなどの高級ゴルフリゾートに滞在し、他のゴルフ場を巡るスタイルも良いですが、街中に宿泊し、ビーチ沿いのレストランやバーを楽しむスタイルもおすすめです。様々な国の旅行者が集まるリゾート地だけあって、質の良いレストランが多く点在しています。
欧州の主要都市からは約3〜5時間で到着しますから、イギリスやドイツの旅行者にとっては、とてもアクセスが良い場所ですが、日本から行くには少し遠いデスティネーションです。イベリア航空でスペインのマドリードに飛び、乗り換えて入るか、フランクフルトやアムステルダムでテネリフェへ乗り継ぐ方法があります。乗り継ぎを上手く利用して、欧州周遊旅行の途中でテネリフェ島に立ち寄ってみるのも良いかもしれません。「大西洋のハワイ」とも呼ばれるテネリフェ島。こっちのハワイのゴルフも、最高です。

GORA LIFE