goralife > ゴルフ場 > リゾートアイランド、ビンタン島で海越えに挑戦
ゴルフ場

ゴルフ場 海外

リゾートアイランド、ビンタン島で海越えに挑戦

リゾートアイランド、ビンタン島で海越えに挑戦
写真/NibLinks

ゴルフツーリズムのプロが推すワールドクラスゴルフ場(第16回)

東京23区とほぼ同じ面積を有する主権都市国家、シンガポールの総人口は、約560万人。マカオに次いで、世界で2番目に人口密度の高い国でもあります。そのうち、約3.6万人がゴルファー。シンガポール国内には、2017年現在24コースが点在していますが、ゴルフ人口で割ると1コースあたり1500名。週末のプレーが中心と考えると、国内でのコースだけではとてもプレーヤーを抱えきれませんよね。

そんなシンガポーリアンゴルファーの多くは、国境を越え、マレーシアのジョホールバルや、海を渡りインドネシアへ週末ゴルフに出かけています。まるで東京在住ゴルファーが、ゴルフをするために車を走らせ、茨城や千葉へ出かけるのと同じように、シンガポール人は、パスポートを手に、気軽に国境を越えゴルフへ出かけるのです。

今回ご紹介する、インドネシアのビンタン島は、シンガポールからフェリーで僅か40分の場所に位置するシンガポーリアンが愛してやまないリゾートアイランドで、著名設計家による風光明媚なコースを有するゴルファーズパラダイスです。

フェリーに揺られ40分。素朴なリゾートアイランド、ビンタン島

写真/NibLinks

シンガポールのタナメラ港で荷物を預け、空港と同じような出国手続きを抜けて、約200席ほどあろうかというフェリーに乗り込みます。船旅ということもあり、これからいわゆる「海外」に行くという感覚が全くなく、ビンタン島に到着し、ビザ査証スタンプが押されて初めて「そうか、国境を跨いだのだ」という実感が湧いてきます。ビンタン島のターミナルに到着すると、リゾートの送迎車がいくつか。その中に今回訪れるリア・ビンタンゴルフクラブのシャトルもありました。リア・ビンタンゴルフクラブへはシャトルで約20分。到着すると、雨季の平日ということもあってか、同便で訪れたゴルファーは3組ほどしかおらず、待つこともなく、スムーズにプレーをスタートすることが出来ました。

リア・ビンタンゴルフクラブは、鉄人ゲーリー・プレーヤー設計で、海側を回るオーシャンコースと、内陸を行くフォレストコースの計36ホール。景観が良く、度々インドネシアNo.1との評価も受けているオーシャンコースが今回おすすめするコースです。

何と言っても、このコースの見どころは、フロントナインの終盤で訪れる海に面した8番、9番ホール。8番ホールは、左ドッグレッグの打ち下ろしパー5で、まるで海からグリーンが生えてきたかのような威圧感があります。セカンドショットまでは、なんとか良い位置に運ぶことができたのですが、グリーンを狙うサードショット地点で強烈な風が左右に吹き荒れ、いったい何処を狙って良いのか、全くわからず暫し考え込んでしまいました。信じてグリーン中央を狙いましたが、風に流され、鬼の洗濯岩のような干潮の崖縁へ。

気を取り直し、続くシグネチャーホールの9番パー3。グリーンを赤岩が囲む、とても美しいホールですが、またまた強風に煽られ、ショット後には「何処でも良いから早く落ちてくれ」と祈りたくなるほどボールが脆く、儚く流されて行きました。

この海沿いの2ホールは強烈に印象的で、まるでペブルビーチの6番ホールから8番ホールのストレッチをプレーしているかのような感覚でした。素朴なリゾート空気のなか、時折、普段味わうことができないスリリングなショットの楽しみをあたえてくれる、リア・ビンタンGC。またゆっくり訪れたいコースです。

写真/NibLinks

ビンタン島の行き方、楽しみ方

ビンタン島へは、シンガポールのタナメラ港からフェリーで行くことができます。航空券を購入するように、事前に往復のフェリーチケットを購入して訪れてください。ピークシーズンを外せば、当日、その場でも購入することが出来るでしょう。素朴なリゾートアイランドですから、タクシーの類はあまり多くありません。ゴルフを主目的に行かれる方は、港発着のゴルフパッケージに申し込むと、送迎の心配をすることなく、リーズナブルに楽しむことができます。

リア・ビンタンGCの36ホールの他に、20分圏内に素晴らしいコースが多く点在します。リア・ビンタンGCはマストとして、2016年リノベーションが終了し、コンディションが良くなったラグーナビンタンGC、ジャック・ニクラウス設計の素晴らしいコースを有するビンタンラグーンリゾートの、いずれかも併せてプレーしてみてくださいね。

シンガポールに観光へ出かける方、ビジネスで行かれる方。是非2日ほど時間を取ってビンタン島へ訪れてみてください。シンガポール深夜発の飛行機であれば、帰国日に2ラウンドして帰ることも可能です。お手頃な金額で、最高のゴルフ体験を約束してくれるデスティネーションです。

教えてくれた人:薬師寺 輝(やくしじひかる)さん

ゴルフツーリズムのPR/マーケティング会社、(株)NibLinks代表取締役(http://niblinks.com)。国際的ゴルフツーリズム組織、IAGTO日本代表。世界のゴルフデスティネーションを訪れ、その魅力を国内外に発信している。

GORA LIFE