GREEN GORA
初心者

初心者 ファッション ゴルフ女子

カリスマエディター麻生富貴が直伝! ゴルフで女らしさを3割増しにする方法 Vol.19

カリスマエディター麻生富貴が直伝! ゴルフで女らしさを3割増しにする方法 Vol.19
写真提供/アルティザンネスト

秋にお披露目!? オリジナルのゴルフアイテムに挑戦

ゴルフボールの名入れに代表されるように、オリジナルアイテムを作りたいという夢を持っている人は多いですよね。イニシャルやメッセージを入れたり、ラッキーカラーを使ったり、世界に一つだけのものに囲まれたゴルフライフ……女性だけでなく男性もきっと憧れるはず。とは言え、オリジナルを作るとなると費用も時間もかかるだろうし、何だか面倒臭そうだと思いがち。でも、夏にオーダーすれば秋のコンペでお披露目できる絶好のタイミングなんです!

おススメは、「レザレクション」のペイントサービス。このブランドは、フランスの老舗バッグブランドで10年間ペインターとして従事した山崎貴史氏がデザインし、2016年にデビューしたばかり。上品かつクラシカルな雰囲気が今、大人ゴルファーたちの間で注目されています。キャディバッグやヘッドカバー、トートなどにイニシャルやラインをペイントでき、フォントやサイズ、色を組み合わせて自分好みに。ゼロからオリジナルを作るのは難しそうと思っている人も、カスタムペイントなら手軽に挑戦できるはず。

(左)モノグラムの生地部分に全13色の中から色を選び、好みのアルファベット(3文字)とラインを入れられる。1週間で仕上がりイメージを確認し、その後約1ヶ月で完成。写真の9インチキャディバッグの場合、キャディバッグ92,000円(税別)+アルファベット15,000円(税別)+ライン20,000円(税別)。
(中)8.5インチスタンドキャディバッグ84,000円(税別)に特別ペイントを施した例。詳細はお問い合わせを。
(右)ヘッドカバー ドライバー用9,500円(税別)、ウッドカバー赤の5番・ネイビー各9,000円(税別)、アイアンカバー各2,900円(税別)。各種ヘッドカバーは希望の番手を無料でペイント可(レザレクション/アルティザンネスト) 

道具の大切さを知り、ゴルファーとして成長しよう!

他の人とはかぶりたくないし、素材やデザインにこだわった完全オーダーメイドのアイテムを大切に使っていきたいと希望するなら、「DARK END OF THE STREET」(東京・下北沢)へ。お財布や手帳からシザーケースまで幅広い種類の革小物を一点一点ハンドメイドで仕上げるこちらのお店では、ヘッドカバーをオーダー可能。店主自身もゴルファーだから、見た目だけでなく使い勝手のよい革選びなど細かい相談にものってもらえます。

ゴルフアイテムのオーダーはネイルに似ています。シンプルなデザインにしようと思ってお店を訪れても、見本やお店の方の話を聞いているうちに次第に華やかなものに目が移る……その時間が女性にはとても楽しく、新たな自分の一面を発見できるきっかけになるはず。ゴルフと向き合い、一歩成長したゴルファーになるためにも道具にこだわってみませんか?

(左)本革で作成したシルバーのヘッドカバーは20,000円(税別)~。
完全オーダーメイドなので、希望の形やサイズ、番手マークをお店で相談して作ることができる。柔らかい素材で他のカラーやハラコなどでも可能。完成までは約2か月。
商品に関するお問い合わせ

●アルティザンネスト 03-6418-5391 www.resurrection-tokyo.com
●DARK END OF THE STREET 03-3467-3767 www.deos55.com

麻生富貴(あそうふき) 

青山学院大学大学院卒業、国際政治学修士。結婚情報誌「OZ Wedding」、ゴルフ雑誌「Regina」元編集長。「カワイイものがなければ自分たちで作ってしまえばいい!」というポジティブ発想のもと、お洒落なウェアを誕生させ、女子ゴルフ&ゴルコンブームを生み出したカリスマエディター。「今、ゴルフに必要なのはファッションとマナーの両立!」を自論に、偏りがちなゴルフマーケットの改革を目指す。メディアやイベント、商品企画、PRなどのサポートも行っている。


撮影/斉藤秀明

GORA LIFE