GREEN GORA
上達のヒント

アイアン 飛距離

アイアンで安定した飛距離を!平均飛距離と打ち方のコツを大公開

アイアンで安定した飛距離を!平均飛距離と打ち方のコツを大公開

より飛距離を出したいと思うのはゴルファーなら当然のことですが、スコアメイクのためには、とにかく飛ばせばいいというものでもありません。


特にアイアンは、自分の飛距離を把握し、いつも同じ飛距離を出すことがベストです。
今回は、アイアンの番手別平均飛距離と、常に同じ飛距離を出すためのコツを羽生淳一プロに伺いました。

意外と飛んでいる?アイアンの平均飛距離一覧!

まずは、男女アマチュアゴルファーのアイアン番手別平均飛距離を紹介します。しかし、あくまでナイスショットした時の距離です。


ゴルフクラブはロフト角が小さくなり、クラブ長が長くなると、難易度が増してきます。すると、必然的にナイスショットが出る確率は下がってきますので、注意してください。

番手別アイアン平均飛距離早見表!

番手別アイアン平均飛距離早見表

こちらの表はあくまで目安です。ロングアイアンは、ロフト角が小さくなるため、ヘッドスピードが遅いとボールを上げることが出来ず、キャリーを出すことが難しくなります。


ですから、黄色い枠の番手は、実際のところ下の番手と飛距離の差を出すことが出来ない番手となるでしょう。ヘッドスピードによっては、打てない番手があることを知っておくのも大切です。

アイアンは狙った距離ピッタリに打てることが大切です。


今はアイアンも飛ぶモデルが人気ですが、飛びすぎても、飛ばなすぎても困るのがアイアンです。7番で何ヤード飛ぶかよりも、この飛距離早見表のように、飛距離の階段を作ることが、スコアアップの近道です。

アイアンで正しい飛距離を出すためのコツって?

アイアンはただ飛べばいいというクラブではないことはお伝えしましたが、しっかりとキャリーを出して、狙ったところに止めたいクラブです。


そのためには、アイアンはダウンブローに打つ必要があります。ここでは、そのコツを紹介します。

今より飛距離が伸びる!アイアンはダウンブローが基本!

羽生プロが分析した、アマチュアがダウンブローに打てない理由は、「ダウンスイングで左肩が開いてしまうこと」です。
左肩を開かないようにするためには、トップからハーフウェイダウンまでの形をしっかりと覚えておくことが大切です。


まずは、普通にアドレスします。テイクバックがハーフウェイバックの位置にきたら右手をグリップから離し、ヘッドの近くまでシャフト上を滑らせます。

今より飛距離が伸びる!アイアンはダウンブローが基本

この手の位置のまま、身体を右に向けたまま手を下ろし、ハーフウェイダウンまで来たら、右手を一気に伸ばします。すると右手が左手を追い越しヘッドが走ります。



ダウンブローで一番難しいのは、タメを一気にほどくポジションとタイミングです。このドリルではその動きを覚えることができます。

アイアンのヘッドスピードを上げるコツ!

アイアンでもヘッドスピードが上がれば、キャリーの飛距離が伸びて、スピンもしっかりとかかります。では、アイアンのヘッドスピードを上げるにはどうしてらいいのでしょうか?


まず、理想的なフォローのポジションを作ります。そしてフォローの位置から、テイクバックを開始します。そしてフォローの位置めがけて一気に素振りをします。そしてそれをくり返します。

アイアンのヘッドスピードを上げるコツ

この連続素振りで大切なのは、フォローで左肘が締まって、右手が上にあることです。するとフォローで締まった三角形が出来上がり、ヘッドが走りヘッドスピードが上がります。
連続で行うことで、軸が安定し、どんどんスピードを上げることが出来ます。

さらに、この三角形がしっかりとできているか確認しながら、ヘッドを走らせることができれば、自然と軸は安定していきます。
最初は確認しながらゆっくり練習し、徐々にスピードをアップして、最後は自分の最大スピードでスイングしてください。

自分に合ったアイアンってどんなもの?

そもそもどんなアイアンを使ったら上達するのでしょうか?今流行の激飛びアイアンは?と、アイアン選びに迷っている人が多いようです。
そこで、アイアンの選び方を羽生プロに伺いました。


「僕が使っているアイアンは、ハッキリ言って飛びません。アイアンで一番困るのは飛びすぎることです。
自分が思ったより飛んでしまうのが一番怖いミス。ですからプロは決して、激飛びアイアンを使いません。プロがマッスルバックなどの飛ばないアイアンを使うのはちゃんと理由があるのです。

自分に合ったアイアン

マッスルバックアイアンは、自分の打ちたい距離しか飛ばず、打点により球筋をコントロールすることが出来ます。
しかし自分のヘッドスピードで飛ばす必要があります。ミスショットを助けてくれる機能はほとんどありません。アマチュアゴルファーだと、出来ればヘッドが大きめのキャビティアイアンをオススメします。

キャビティアイアン

プロが使うマッスルバックや、ヘッドの小さいハーフキャビティアイアンは確かにカッコイイですが、まずはミスに寛容なキャビティアイアンを使って腕を磨いてください。僕は激飛びアイアンは否定的です。アイアンは飛距離を出すクラブではなく、狙ったところに止めるクラブだからです。

70台が出るまでは、難しすぎず、飛びすぎない、キャビティアイアンを使って腕を磨いてください。マッスルバックアイアンを使うには、それからでも充分間に合います。」



いかがでしたでしょうか。

アイアンで最も大切なことは、飛距離を出すことではなく、適切な飛距離を常に出すことです。上記のコツを参考に、正しいスイングを身に付けましょう。

羽生淳一プロ サンクチュアリゴルフ
羽生淳一プロ:1984年生まれ、茨城県出身。サンクチュアリゴルフスクール代表、JGTOツアープロ。

ライター:T島

1963年生まれ、広島県出身。中古ショップ運営会社でゴルフ部門の店舗運営責任者を務め、2008年からマーク金井氏の主宰するゴルフスタジオ「アナライズ」に参加。毎日更新のブログ「アナライズT島の商売してまっせ~ vol.3」がコアゴルファーに人気。最新クラブのスペックから歴史的名器まで造詣が深いゴルフライター。ベストスコア68。

GORA LIFE