GREEN GORA
上達のヒント

スイング

ゴルファー必見!正しいバックスイングをプロが伝授

ゴルファー必見!正しいバックスイングをプロが伝授

ゴルフスイングにおいて、クラブを振り上げる動作のことをバックスイングと言います。

このバックスイングが、ショットにどのような影響を及ぼすのか、また、正しいバックスイングとはどのようなものなのでしょうか?


今回も、過去の成績からミスター29の異名を持ち、数々のゴルフスクールも経営する羽生淳一プロに教えてもらいましょう。

ゴルフのバックスイング、始動のポイント

スイングの始動であるテイクバックから、バックスイングにかけて、どう動けばいいのかを、悩むゴルファーが多いです。スイングはもう始まっているので、


「気をつけるポイントだけ守って、正しいトップの位置までクラブを上げればいい」


と、羽生プロは言います。


ゴルフスイングにいちばん大切なのは「インパクト」とよく言われます。確かに、ダウンスイングからインパクトまでの軌道や動きが、球筋に一番影響を及ぼします。しかし実際は、そのインパクトへ向かうための準備であるバックスイングにも大切なポイントがあります。


まずはそのポイントを紹介します。

バックスイングではフェースの向きに注意

正しいバックスイングをするために、まずは、ゴルフクラブの特性を知ることが大切です。


ゴルフクラブの構造上、何も意識せずにバックスイングをしていくと、フェースが開く方向に力が働きます。一方で、バックスイングでフェースが開きすぎてしまうと、インパクトまでに戻さなければならないということを理解してください。


ですから、「フェースの向き」に気をつけて、バックスイングをしてください。
すると、自然に理想的なトップまで上がります。写真のようなイメージです。

バックスイングではフェースの向きに注意

このフェースの向きを決めるのが、左手首と、肘のポジションです。この2つの大切なポイントは後ほど、しっかりと説明していきます。

バックスイングはテイクバック始動時のスピードをキープ

バックスイングは、テイクバックで作ったスピードをキープしてください。


テイクバック編でお伝えしたように、早すぎると手打ちになりやすく、遅すぎると、スイングスピードが遅くなり、インパクトでボールを強くとらえることが出来ません。


早すぎず、遅すぎずの自然なスピードがベストです。

バックスイングにおけるゴルファーの悩みを解消

ここで、バックスイングにおけるゴルファーの悩みを羽生プロに聞いてみました。
正しいトップの位置に持っていくために、右肘や左膝、手首はどういった点を意識すべきなのでしょうか。

バックスイングの時に右肘はどうすればいい?

ここで、バックスイングにおけるゴルファーの悩みを羽生プロに聞いてみました。正しいトップの位置に持っていくために、右肘や左膝、手首はどういった点を意識すべきなのでしょうか。


バックスイングの時に右肘はどうすればいい?


まずバックスイングのときの右肘ですが、大切なポイントが3つあります

・右肘が身体の正面にいつもあること

・右肘の向きが必ず下を向いていること

・右肘の角度が90度になっていくこと


右肘が身体にくっつくと、インサイド・アウト軌道でフックの原因となり、身体から遠く離れるとアウトサイドイン軌道でスライスの原因になります。必ず身体の正面にあることを確認してください。


さらに、右肘の向きは下を向いていること、角度は90度をキープしてください。その3つの状態をキープして、バックスイングしていきます。この3点を守っていれば、バックスイングは理想的な軌道に上がり、トップが決まります。

バックスイングの時に右肘はどうすればいい?

バックスイングの時に左膝はどうすればいい?

上半身の動きばかり気になるものですが、下半身の動きも大切です。

左膝は、右膝に寄っていくこと、左膝が前に出でると、左肩が下がってしまい、ギッコンバッタンなスイングになってしまいます。左膝が伸びるとスエーの原因となります。

バックスイングの時に左膝はどうすればいい?

左膝を動かす際に、左足の踵を浮かす“ヒールアップ”する人が少なくありません。

羽生プロ的には、できればベタ足で膝を寄せていくことがオススメだそうです。
身体が硬い人は最小限のヒールアップにとどめてください。逆に踵を浮かさないことを意識しすぎると、下半身が上手く使えませんので、要注意です。

バックスイングの時に手首はどうすればいい?

まず左の手首と前腕が平面となるようにしてください。甲側に折るとフェースが開いてしまいます。
手のひら側に折ると、フェースが閉じすぎてしまいます。この左手首の角度はフェース面と連動しているので、特に気をつけて欲しいポイントです。


両手でグリップしているので、右手首は、左手首と連動して動きます。左手首と前腕がまっすぐになるようにすると、右手首は自然と曲がるはずです。


手首を伸ばしたままだと、左手首が甲側に折れてしまいますし、手にひら側に曲げすぎるのもダメです。左右の手首は連動していることを忘れないでください。

ゴルフの正しいバックスイングを身に付けるためには?

最後に、正しい位置にバックスイングをするためのドリルとチェックポイントを紹介します。


まず、ドリルですが、左手で右腕を持ってバックスイングをするというものです。これによって右肘の動きを確認できますので、正しいバックスイングを身に付ける簡単な練習方法です。


詳しくは動画を参考にしてください。

正しいバックスイングのチェック法

上記ドリルを実践したら、正しいバックスイングができているかどうか確認してみてください。確認方法は、左手一本でクラブを持って、トップの位置を作るだけです。


写真のようなイメージです。

正しいバックスイングのチェック法

この時、グリップが左手の親指に乗っていること、そして片手一本でクラブを支えられること、この2点を確認してください。
さらに、左腕が真っすぐ伸びていることを確認しましょう。


左肘が身体の正面にあれば左腕は真っすぐ伸びます。

もし、左肘が曲がってしまったら、バックスイング時に身体の正面からクラブが外れています。左肘が曲がるということは、身体が回っていない可能性があります。しっかり左肘を伸ばすことで、しっかり捻転できます。

羽生淳一プロに聞く、バックスイングの極意

バックスイングの練習法ですが、ボールを打ってしまうと、確認できませんから、左手一本で、先程のポイントに気をつけてバックスイングし、鏡やスマホなどで動画撮影してチェックしてください。


そして両手、右手一本で、手首、右肘の角度などを、チェックしながら反復することで、理想的なバックスイングを身につけて欲しいと思います。

取材協力

羽生淳一プロ サンクチュアリゴルフ
羽生淳一プロ:1984年生まれ、茨城県出身。サンクチュアリゴルフスクール代表、JGTOツアープロ。

ライター:T島

1963年生まれ、広島県出身。中古ショップ運営会社でゴルフ部門の店舗運営責任者を務め、2008年からマーク金井氏の主宰するゴルフスタジオ「アナライズ」に参加。毎日更新のブログ「アナライズT島の商売してまっせ~ vol.3」がコアゴルファーに人気。最新クラブのスペックから歴史的名器まで造詣が深いゴルフライター。ベストスコア68。

GORA LIFE