GREEN GORA
上達のヒント

100切り 初心者 アプローチ 上達

QP関雅史の「100をつかむアプローチテクニック」第15回

QP関雅史の「100をつかむアプローチテクニック」第15回

第15回 意外と簡単、ウェッジ以外のクラブで寄せてみよう

アプローチはウェッジで打たなければいけないという固定観念を取り払えば、選択肢はさらに広がります。かつてはタイガーウッズも3番ウッドで寄せたことがあるし、最近ではユーティリティでアプローチする女子プロもいました。

初速の出るユーティリティはラフに強い

グリーン周りでウェッジで寄せるのが難しく、ユーティリティを使った方が寄りやすい局面は意外と多くあります。例えば、受けグリーンや砲台グリーンの手前の花道からボールを駆け上がらせる場合は、ウェッジよりもロフトが立っていて勢いをつけて転がせるユーティリティは役に立ちます。また、グリーンオーバーして下りのライでボールを上げられない場合やグラスバンカーから脱出する際にも初速の出るユーティリティを使えば、ボールがラフを突き抜けて転がってくれます。ライが悪くてボールだけクリーンに拾うイメージが持てないときにソール幅の広いユーティリティを滑らせて打つというアイデアもありです。

ユーティリティのアプローチで難しいのは、クラブの長さがあってふだん練習もしていないため距離感のイメージが出しにくいところです。その短所を消すためにはクラブを短く持つことです。スタンスをあまり広くとると短い距離の調整がしにくいので両足の幅は狭め。パッティングのときのように腕で五角形を作り、脇を締めてクラブを少し吊り気味にしてかまえます。ボールの位置は少し近くなるので、なるべくストレートに動かすように意識すれば、方向も距離も合わせやすくなります。

ショートアイアンで究極のランニングアプローチ

キャリーを必要としないときは、ミドルアイアンやショートアイアンでのランニングアプローチも覚えておきましょう。ショートアイアンはウェッジよりもロフトが小さいので、ボールが低く強く打ち出されます。例えば、グリーンの手前から奥のピンをねらうときなど、手前の芝をちょっと越してエッジから2、3歩のところに落とせば、球足の長いランを使って寄せることができます。番手は7番でも9番でもかまいませんが、とくに8番アイアンの感覚がパターのストロークと似ているという人が多いので、このあたりから試してみるといいでしょう。

教えてくれた人:関 雅史(せき・まさし)プロ

関雅史プロ
1974年9月28日生まれ、PGA公認A級インストラクターとクラブフィッターの二足のわらじを履く異色プロ。これまで指導したゴルファーは延べ1万人以上、クラブフィッティングは3000人以上。東京都北区でゴルフスタジオ『ゴルフフィールズ』を主宰する傍ら、雑誌・テレビ等メディアでも活躍中。ニックネームはQP。

構成/吉田宏昭(ゴルフライター) 撮影/斉藤秀人 撮影協力/ゴルフフィールズ

GORA LIFE