GREEN GORA
上達のヒント

100切り 初心者 アプローチ 上達

QP関雅史の「100をつかむアプローチテクニック」第8回

QP関雅史の「100をつかむアプローチテクニック」第8回

第8回 深い夏のラフ、沈んだボールを脱出させる

夏場の深いラフでも、バンカーショットをイメージすれば割とかんたんにボールを脱出させることができます。なぜ、バンカーショットなのかといえば、夏芝の抵抗は砂と同じくらい大きいからです。

かまえ方はバンカーショット同じ、ワイドスタンス+フェースオープン

このような状況ではある程度大きく振らないとヘッドが芝に負けてしまいます。そこで、大きく振って飛ばないバンカーショットの打ち方が役に立ちます。ただし、バンカーと違って直接ボールに当たるので、少しだけ振り幅を小さくします。

スタンスはバンカーショットと同様に広めに取ります。通常のアプローチよりは振り幅が大きくなるからです。バンカーショットでもフェースを開く人と開かない人がいますが、夏ラフの場合もどちらでもかまいません。ただ、開いて打つ方がより振り幅を大きくできて、ヘッドスピードが上がるのでヘッドが抜けやすくなるのは間違いありません。バンカーショットでフェースを開かない人も少し開き気味にしてもいいでしょう。また、フェースを開かない人はバンカーと同じようにコックを使ってもかまいません。

目玉焼きをすくうようなイメージでヘッドを手前から入れる

ヘッドを入れる場所もバンカーと同じで、ボールより少し手前になります。ボールを目玉焼きの黄身に例えると周りの白身の部分ごとすくうようなイメージです。バンカーショットは手前の砂を飛ばしてエクスプロージョンでボールを出しますが、ラフの場合はボールの前後の芝を切り取るようなイメージで振ります。

フォローに向けてヘッドを加速させることも大事です。インパクト時、ボールと地面の抵抗でヘッドが減速するという話はこの連載でも何度もしていますが、ラフが深いほど減速する度合いが大きくなるからです。幸い、バンカーショットと違って素振りでソールを接地させられるので、本番と同じように振ってどれくらいの抵抗を受けるか確かめておきましょう。

実際には、ボールとの間に芝が挟まり、距離感を正確に出すのは難しいので、あまりタイトにねらってミスをしないようにすることも大事。グリーンにのせれば成功というくらいの気持ちで振りましょう。

教えてくれた人:関 雅史(せき・まさし)プロ

関雅史プロ
1974年9月28日生まれ、PGA公認A級インストラクターとクラブフィッターの二足のわらじを履く異色プロ。これまで指導したゴルファーは延べ1万人以上、クラブフィッティングは3000人以上。東京都北区でゴルフスタジオ『ゴルフフィールズ』を主宰する傍ら、雑誌・テレビ等メディアでも活躍中。ニックネームはQP。

構成/吉田宏昭(ゴルフライター) 撮影/斉藤秀人 撮影協力/ゴルフフィールズ

GORA LIFE