GREEN GORA
上達のヒント

ドライバー 100切り スイング 初心者 飛距離 上達

100切り宣言!ドライバーのミート率が劇的向上する腕の使い方

100切り宣言!ドライバーのミート率が劇的向上する腕の使い方

ラウンドをしていると、ドライバーが曲がる以前になぜかきちんと当たらない。当てよう当てようとすると、どんどん当たらなくなる。そういった経験のある100切りゴルファーも多いことだろう。なぜそうなるかというと、体と腕、クラブの動きがバラバラになっているからだ。100切りを目指すゴルファーの場合、右に大きく曲がるスライスが多発する場合が多いだろうが、当たったスライスと当たっていないスライスがあることを実感されている方も多いはず。今回は、多くのアマチュアゴルファーを100切りへ導いてきた平野茂プロに、ミート率アップのための方法を訊いた。

ヘッドカバードリルでスイングを診断してみよう

アドレスの際には腕とクラブが体の正面にある。そこから体を回さずに手先の動きでクラブを担ぎ上げると、腕とクラブが体の正面から外れてしまうことになる。これがあらゆるミスショットを生み出す原因だ。

バックスイングで体を十分に回転し、理想的なトップオブスイングがつくれたとしても、切り返し以降で体を先に回そうとすると肩や腰が早く開くことになり、クラブヘッドが遅れてしまう。スイングに安定感がないのでミート率が悪くなるし、当たったとしてもスライス、腕ががんばって追いつこうとするとフックが出ることになる。クラブを正しく振っているつもりでも、実際には腕やクラブが体の正面から外れてしまうようではミート率は上がらないし、ミスショットも防止できない。

では、自分のスイングがどうなっているかをチェックする方法を教えてもらうとしよう。

「直立の姿勢になり、クラブを胸の高さくらいで構えます。そして、誰かにヘッドカバーをクラブヘッドの高さに垂らしてもらいます。バックスイングし、インパクトでヘッドカバーをちゃんとたたけるかを試してみてください。ほとんどの人はクラブヘッドがヘッドカバーの下を通過し、空振りしてしまうでしょう」

どうして空振りの結果になるのかというと、ダウンスイングで手元が浮き上がったり、体が早く開いてクラブヘッドが遅れたりするからだ。どちらにしてもインパクトでクラブヘッドが最初に構えた位置よりも下がってしまう。

クラブヘッドが遅れると体の正面から外れるのは容易に理解できる。しかし、手元が浮いてしまった場合はインパクトで腕やクラブが体の正面にキープしているように見えても、実は体の正面にきちんとキープできていないことになるのだ。

構えたときの体とクラブヘッドの距離は変わらない

ヘッドカバーをたたく自己チェック法では直立の姿勢になり、クラブを胸の前で構える。この際、腕とクラブの角度は約120度となるが、同時に体とクラブヘッドの距離を変えないイメージでスイングすることが大事だと平野プロはいう。

「クラブを胸の前で構えたまま、体を左右に回転してください。アドレスもバックスイングもダウンスイングも、そしてインパクトでも手首の120度の角度をずっと維持しておきましょう。両手は何もしないで、腕とクラブを体の正面にしっかりとキープしたままでスイングするイメージが明確につかめるはずです」

いってみれば器用な手先でクラブを操作しようとするから、クラブヘッドの動きを狂わせてしまうのだ。手元を固定し、体と腕、クラブヘッドを同調させるイメージでスイングしてみよう。腕とクラブを体の正面から外れないようなスイングが身につけば、ヘッドカバーを簡単に打てるようになる。

そこから上体を前傾させて通常のアドレスをつくり、同じ要領でスイングすればボールがしっかりつかまるようになり、ドライバーショットの正確性がアップするという。

教えてくれた人: 平野茂(ひらの・しげる)プロ

1973年9月29日生まれ。早稲田大学卒業後、プロ野球選手を目指すが、ゴルフに転向。2007年にJPGA公認インストラクターの資格を取得。東京・五反田に『フラットフィールドゴルフ』を開設し、チーフインストラクターとして多くのアマチュアを指導している。師匠は叔父の中山徹プロ。

構成/三代崇 撮影/田辺恵理 撮影協力/フラットフィールドゴルフ

おすすめの記事

GORA LIFE