GREEN GORA
ゴルフ場

初心者 上級者 中級者 ゴルフ場

【ゴルフ場調査隊が行く】市原ゴルフクラブ市原コース

【ゴルフ場調査隊が行く】市原ゴルフクラブ市原コース

ゴルフ好き編集部員が、プレーしたゴルフ場を評価するコーナー。口コミでは見えなかったゴルフ場の実態を写真を交えて報告していきます。今回は市原ゴルフクラブ市原コース(千葉県)にお邪魔してきました。

27ホールを配した広大な敷地でのびのびゴルフプレー♪

今回訪れた市原ゴルフクラブ市原コースは、都心からわずか50kmに位置するアクセスの良いゴルフ場です。さらに、東・中・西と3コース計27ホールあるため、1度だけでなく何度も訪れて、すべてのコースを制覇したくなります。

ちなみにすぐ隣にも柿の木台コースが18ホールあり、いわば一大ゴルフテーマパークに来たようなゴルフ好きにはたまらないゴルフ場です。

今回は中コース→西コースという順でプレーしてきました! まずは各コースのおさらいから。

中コース:中盤の大きな池絡みの複数ホールが名物

中コースは、全体的にフェアウェイは広いですが、大きな池絡みのハザードやバンカー、打ち下ろしがあり、戦略性に富んだコースになっています。

特に、最終ホールではそれまで打ち下ろした分、まとめて打ち上げるパー5が待ち受けており、最後で精神面と体力面が試されます。また、ミドルホールではティーショットでドライバー以外を持つマネージメントを必要とされる場合もあります。ですが、狙った場所に球を落とせれば、セカンドではその恩恵を充分に受けられるようになっています。

ちなみに、7番ホールは池越えのパー3で、他のホールも見渡せ気持ちがいいです。その反面、ギャラリーの視線を感じるプレッシャーのかかるホールになっています。ぜひここで1オンに成功し、他組の羨望のまなざしをGETしましょう!

西コース:短いが左右のプレッシャーが大きい

続いて、西コースは東・中・西の中で総距離が最も短いですが、木々が迫り、左右のプレッシャーが大きい印象です。また、ドッグレッグのホールもあり、よりティーショットに注意が必要なコースが続きます。特に打ち下ろしのホールの場合、突き抜けに注意が必要です。

また、1番ホールと9番ホールがパー5、2番ホールと8番ホールがパー3となっており、その間の3~7番までパー4が連続する珍しいコース割りになっています。

あと、個人的には毎度気になるバンカーの砂の入り具合ですが、柔らかすぎず硬すぎず、ちょうどいいあんばいで砂が入っておりとてもgood!でした。

シグネチャーホール

恒例のシグネチャーホールは、中コース4番ホールのPAR5。

ティーショットからかなりの打ち下ろしで、ティーショット次第では300ヤード以上ロングドライブも可能性があり、その場合2オンも期待できます。

しかし、グリーン手前に池が配備され、池越えのショットにチャレンジするか、それとも刻むか、コースマネジメントの判断に迫られる瞬間です。しびれますね!

2打目付近。刻みで170ヤード。池越えは230ヤードの距離が必要

ティーショットのバリエーションがスコアメイクの鍵!

全体的には距離が短いので、スコアを作りやすいコースだと思います。今回は紹介していませんが、東コースも以前回ったことがあり、同じようにスコアメイクはしやすいと感じました。

ただし、パー4での甘い罠にご注意を。

何ホールか1オン、もしくはグリーン近くまでドライバーだと届くホールがありますが、ミスをするとOB、バンカー、悪いライに必ずつかまるので、ご用心ください。

ラウンド前にコース形状をチェックして、ティーショットで打つクラブ選択を予想しておくと、ベストスコアも出せるチャンスかもしれません。

個人的に、次回は東コースも、お隣の柿の木台コースも行ってみたいと思います!

協力

市原ゴルフクラブ市原コース

GORA LIFE